マサ斎藤死去に猪木が改めてあの戦いを語る

「昭和のプロレス」がまた一つ遠い記憶へとなりました・・・。

引用

マサ斎藤さん死去、猪木「忘れる事できない」巌流島

 日米マットで活躍したプロレスラーのマサ斎藤さんが14日午前1時5分に死去した。75歳だった。弟子の佐々木健介氏(51)が在籍する健介オフィスが16日、発表した。現役引退した99年ごろから発症した難病のパーキンソン病と闘い続けてきたが、最近になって容体が急変したという。87年にアントニオ猪木との「巌流島決戦」の死闘が名勝負として語り継がれる64年東京オリンピック(五輪)レスリング代表。20年東京五輪を目前にしてこの世を去った。

 巌流島決戦で死闘を演じたアントニオ猪木のコメント マサ斎藤選手の訃報に接し、心より哀悼の意を表します。思えば斎藤選手とは、東京プロレスからの長きにわたるご縁であり、巌流島での2人だけの決闘は忘れることが出来ません。私のライバルとして、五輪代表選手として、尊敬出来るレスラーでした。ご苦労さまでした。

 ◆巌流島の戦い 猪木が歴史に残る決闘「武蔵と小次郎の戦い」をヒントに巌流島での試合を発案。マサ斎藤が対戦に名乗りを上げ、87年10月4日に無観客、時間無制限、ルールなしのデスマッチで対戦した。試合は一進一退の攻防が続き、午後6時にはコーナーポストにかがり火が立てられた。フラフラになりながらも猪木が裸絞めで攻撃し、2時間5分14秒、TKO勝ちを収めた。絞め落とされた斎藤は担架で運ばれた。

 [2018年7月17日9時6分「nikkansports.com」]より
今月14日に亡くなっていた昭和を代表するプロレスラーの一人・マサ斎藤、昭和のプロレス好きなら聞いたことがある人物だけにまた一人プロレス界からの訃報にはビックリでしょう。ついこの前ビックバン・ベイダーが死んだっていうし・・・。

マサ斎藤を語る上で欠かすことが出来ないのは、アントニオ猪木巌流島で無観客・時間無制限・ルールなしの一騎打ちをした「巌流島の戦い」が有名だけど、2時間5分に渡る死闘で満身創痍な状態の猪木が裸絞めでマサ斎藤に勝ったっていうけど、そんな条件で戦いたかった猪木は普通じゃないよなと思うし、そんな戦いに乗ったマサ斎藤もまた普通じゃないような・・・?

ましてや猪木とマサ斎藤は「東京プロレス」時代からの古いつき合いで、義理もあったからその戦いが出来たんじゃと思います。
このときの猪木は公私共にボロボロでお先真っ暗状態だったから、リングで死ねたら本望だって感じでやったのではとも思う。

近年はパーキンソン病により闘病生活に終始したものの、最後は帰らぬ人となってしまいました・・・。
猪木にしてみればまた一人戦友がいなくなり、寂しいものがあるでしょうね。とりわけ巌流島の戦いもまた忘れることのできないものだけに。

theme : 訃報
genre : ニュース

カンニング竹山、マスコミを批判

偏向報道について芸能人が声を上げるのはいいことだが・・・!!

引用

カンニング竹山 西日本豪雨での東京キー局批判の裏側語る「スタジオがすごく嫌な雰囲気に…」

 お笑いタレントのカンニング竹山(47)が15日放送のAbemaTV「カンニング竹山の土曜The NIGHT」(土曜深夜1・00)に出演。9日放送の「ビビット」(月〜金曜前8・00)に出演した際に、西日本豪雨について「東京のメディアが他人事のようになっているのはおかしい」と東京のキー局を非難したことについて言及した。

 竹山は9日の生放送に出演した際、すでに被害が広がっているにもかかわらず、豪雨をトップニュースとして扱わなかった「ビビット」に苦言を呈した。「東京のメディアがこのことを取り上げないじゃないですか。甚大な被害が起こっているのに、他人事みたいになっていることがおかしいと思う」とし、「山も川も全国にあるじゃないですか。どこでも起きるんですよ。ちゃんとこういうことが起こるということを思いながらやっていかないといけない」と物申した。

 この発言は広く拡散され、大きな反響を呼んだ。竹山は「更年期だからイライラ来ちゃってこんなこと言いたくなかったけど、つい言っちゃった」と当時を振り返り、「スタジオがすごく嫌な雰囲気になっちゃって…。俺がやらかしちゃってるわけじゃん。いらんことを言う人になっちゃってるわけだから」と苦笑いを浮かべた。

 それでも「東京だと雪が3センチ積もっただけでずっとニュースになるじゃない。東北や北海道だとニュースにもならないよね。北海道から沖縄まで全部日本なんだから、この豪雨をきっちり取り上げるべきだと俺は思った」と改めて中央メディアのあり方について疑問を呈していた。

 [ 2018年7月17日 07:41「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
カンニング竹山がついこの前西日本豪雨について「東京のメディアが他人事のようになっているのはおかしい」と在京キー局の報道があまり取り上げていないことを批判したけど、竹山自身が出演しているTBS系のワイドショー「ビビット」について、未曾有の災害なのになぜトップニュースにしなかったのかと苦言も呈したが、在京キー局の今回の姿勢は地方軽視もいいところだって言いたいんでしょうね。

自然災害はどこでも起こりうることなのに、在京キー局がそれを他人事のように見てあまり報道しないのはおかしい!! と竹山は訴えたけど、この発言の影響は大きく反響を呼んだせいか「スタジオがすごく嫌な雰囲気になっちゃって…」と生放送にも関わらず感情的になってしまったと苦笑いしたけど、在京キー局の首都圏偏重な報道姿勢に対して苦言を呈したことは正しいことだと思います。

ハッキリ言って、マスコミの首都圏ばかり優遇して地方を軽視する報道姿勢には無神経としか思えないし、視聴者から知る権利を奪っているようで偏向報道も甚だしいが、「ビビット」についてはタイの洞窟に閉じ込められた少年たちの動静のニュースをトップで上げてたけど、それも確かに関心事かも知れないが最も関心を集めるべき話題は国内でしょうが!! ましてや自然災害についてはすすんで取り上げて報じることはマスコミの義務なのにそれを怠るのはマスコミの存在意義が疑われてしょうがない。BPO(放送倫理・番組向上機構)も在京キー局の首都圏偏重・地方軽視な報道姿勢を批判すべきだと思う。

theme : テレビ・マスコミ・報道の問題
genre : ニュース

フランスが2度目の栄冠

ピョンチャンオリンピック以上に盛り上がった!? あのスポーツの祭典が終わりました!!

引用

デシャン監督「美しい。ブルーであることが誇り」

<ワールドカップ(W杯)ロシア大会:フランス4-2クロアチア>◇決勝◇15日◇モスクワ・ルジニキ

 フランスがクロアチアを4-2で下し、自国開催だった98年大会以来2度目の優勝を遂げた。欧州勢の制覇は4大会連続となった。

 前半18分、FWグリーズマン(アトレチコ・マドリード)の右FKがFWマンジュキッチ(ユベントス)の史上初の決勝オウンゴールを誘って先制。同28分にFWペリシッチ(インテルミラノ)に左足ミドルシュートを決められて同点にされたが、同38分に今大会から導入されたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)で獲得したPKをグリーズマンが決めて勝ち越し。後半14分にはMFポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)が左足シュートを決め、同20分にはFWエムバペ(パリサンジェルマン)が右足低い弾道の強烈なミドルシュートを突き刺してトドメを刺した。

 主将として初優勝した98年大会に続き、監督でも頂点に立ったデシャン監督は「とても美しく、すばらしいこと。彼ら(選手たち)はこれから4年世界の屋根にいる。我々はフランス人であること、ブルーであることを誇りに思っている」とたたえた。

 2点に絡んだグリーズマンは「(先制点の)ボールはゴールの方へ向かっていた。私にとっては、これはダブルゴールだ。私はFIFAに話すつもりだ」と冗談めかしながら勝利を喜んだ。

 19歳で頂点に立ったエムバペは「とても満足。フランス人を幸せにして誇りに思っている」と胸を張った。

 [2018年7月16日6時59分「nikkansports.com」]より
ロシア・ワールドカップもいよいよ決勝戦、 地元開催となった1998年大会以来の優勝を目指すフランスと初の決勝進出を果たして初優勝を目指すクロアチアの対決となったけど、ここまで完璧な試合運びで決勝に駒を進めたフランスと3試合連続の延長戦をいずれも制して駒を進めたクロアチア、どこが勝ってもおかしくないものでしたが・・・!!

試合は前半18分にアントワーヌ・グリーズマンのフリーキックがオウンゴールを誘発してフランスが先制、前半28分にクロアチアがイバン・ペリシッチのミドルで同点と決勝戦に相応しい? 試合展開となりますが、前半38分にVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)でフランスがPKを獲得するとグリーズマンがこれを決めフランスが勝ち越し、それにしても今大会はVARが結構使われたような・・・!?

2-1でフランスリードのまま前半を折り返し、後半に入るとフランスが引き離しにかかり、後半14分にポール・ポグバが、後半20分には今大会最も躍進したヤングスターの一人、キリアン・ムバッペがキャノン砲のようなミドルシュートを決めて4-1、これで試合はほぼ決まり、クロアチアは後半24分にマリオ・マンジュキッチが意地のゴールを決めるも試合は4-2で終了、フランスがこの瞬間ロシア・ワールドカップの覇者となり1998年以来のワールドカップ制覇を決めたのです。

「とても美しく、すばらしいこと。彼ら(選手たち)はこれから4年世界の屋根にいる。我々はフランス人であること、ブルーであることを誇りに思っている」と頂点に立ったことについてこうコメントしたフランスのディディエ・デシャン監督、20年前はキャプテンとして初優勝に大きく貢献したけど、今回は監督として母国を優勝に導いたことは格別もいいところでしょう。パリのシャンゼリゼ通りだけじゃなくフランス中が大喜びモードです(懸念及び警戒すべきはテロ)。

一方のクロアチア、初めて決勝にまで進みながら最後は敗れたけど、小国でもここまでやれるというところをアピールしたことは間違いないし、歴史を作ったことは評価すべきです。ちなみにMVPはルカ・モドリッチでしたけど。

フェリシタション(フランス語で「おめでとう」)、レ・ブルー(フランス代表の愛称)。

theme : FIFAワールドカップ
genre : スポーツ

議員宿舎でどんちゃん騒ぎなんかして・・・!!

政府与党の危機管理能力のなさをえらく露呈したと思います。
国の非常事態に何をやってるのか!? と憤りたくなるものです。

引用

赤坂自民亭「軽率のそしり免れない」 公明党・井上義久幹事長が厳しく批判

 公明党の井上義久幹事長は13日午前の記者会見で、西日本豪雨の初期段階にあたる5日夜に、東京・赤坂の衆院議員宿舎で安倍晋三首相と党所属議員が懇談する「赤坂自民亭」を開催したことについて、「軽率のそしりを免れない」と厳しく批判した。

 井上氏は5日時点で記録的な大雨になる恐れがあると気象庁が発表していたことを踏まえ、「(被害が拡大する可能性は)当然、想定できたのではないか。踏みとどまるべきだった」とも語った。

 また、被災地の復旧・復興に向けた補正予算編成の必要性について、「本格的な復旧・復興になると、相当、大きな予算が必要になってくる。秋の臨時国会があれば当然、補正予算(編成の話)は出てくる」と指摘した。

 最終更新:7/13(金) 13:01 「産経新聞」より
西日本豪雨は相当な被害をもたらしてるけど、その初期段階だった5日にあろうことか安倍晋三総理及び自民党の議員数名が衆議院宿舎にて「赤坂自民亭」なる懇談会っていうか会食をしてたことが発覚し、世間をえらく騒がせてるけど、この非常事態にそんなどんちゃん騒ぎなんかして、不謹慎というか軽率過ぎるとしか思えません。

初期段階ということは、被害が拡大する懸念も当然あることで、その対処というか対応が急がれるのにそんなことして恥ずかしくないのだろうか? 正直言って税金のムダ使いもいいところだ!! 典型的な税金ドロボー。

ましてその様子をSNSに上げたことも判明してるけど、バカ騒ぎの様子をSNSに上げるなんて国会議員の言動とは思えない。調子に乗ってハメを外しまくってるケースが目立つ大学生のコンパとはわけが違う。
未曾有の災害にも関わらずどんちゃん騒ぎ、税金をドブに捨てるのに等しい軽率な言動で、ハッキリ言って自民党には危機管理能力というものがないんでしょうか!? えひめ丸事故の際にゴルフにかまけた森喜朗やニューオーリンズを襲ったハリケーン「カトリーナ」の際にいい加減な対応をとったジョージ・ウォーカー・ブッシュに匹敵する軽率極まりない言動もいいところです。国会議員=常識が乖離している。というのを世間に露呈して恥ずかしくないんでしょうかねェ・・・!? 常に誰かに見られているという意識もないじゃ改めて情けない。

theme : このままで、いいのか日本
genre : 政治・経済

鶴竜も休場、横綱がいない名古屋場所に

平幕・阿炎にまさかの負けを喫したのが理由?

引用

鶴竜が休場 19年ぶり3横綱全員不在の事態

 大相撲の東横綱鶴竜(32=井筒)が名古屋場所6日目の13日、休場を決めた。自身初の3連覇で6度目の優勝を目指したが、4、5日目と平幕相手に2連敗。5日目を終えて3勝2敗と精彩を欠いていた。休場は昨年11月の九州場所以来10度目。

 今場所は稀勢の里が初日から、白鵬は4日目から休場した。3横綱全員不在は貴乃花、3代目若乃花、曙の1999年春場所以来19年ぶりで、昭和以降5度目の事態となった。

 6日目の対戦相手、平幕千代の国は不戦勝となる。今場所の十両以上の休場者は十両蒼国来を含め、4人目。

 [2018年7月13日9時34分「nikkansports.com」]より
4日目に勢に、5日目に阿炎に連敗と横綱らしからぬ内容続きの横綱・鶴竜、その鶴竜が6日目の13日に休場を決めたっていうけど、平幕相手に連敗したぐらいで休場で情けないとしか思えないです。

今年の名古屋場所では場所前に稀勢の里が、場所中の4日目に白鵬が休場したことで鶴竜に今後の期待が集まったものの、平幕に連敗であっさり休場、ちょっと調子が悪いからって休場はあまりにも情けないし、危機感があまりにもなさ過ぎます。自身初の3連覇を目指してたのにこれはなんだと拍子抜けすらします。

1999年春場所以来となる3横綱がいないという状況、横綱のいない本場所は盛り上がり感に欠けるし、観客動員にも影響が出ます。
こうなると新大関・栃ノ心や御嶽海などに注目は集まるが、3横綱がいなくなった本場所をどう盛り上げるんでしょうか?

それとちょっと調子が悪いだけで休場するような姿勢はプロ意識が欠如してるのではないのか。

theme : え!本当!?
genre : ニュース

野党に「国会の名折れ」なんて言えるのか?

そんなことは国民が言いたいわ!!

引用

立憲幹部「国会の名折れ」=国交相の連日出席に異議―IR実施法案参院審議

 立憲民主党の那谷屋正義参院国対委員長は12日、石井啓一国土交通相がカジノを中核とする統合型リゾート(IR)実施法案の参院審議に連日出席していることに関し「(西日本豪雨の被災者の)命よりもカジノを大事にすると言われてしまうのは国会の名折れだ」と述べ、国会として、国交相が災害対応を優先できる環境を整えるべきだとの考えを示した。

 国会内で記者団に語った。

 最終更新:7/12(木) 12:05 「時事ドットコム」より
西日本豪雨被害が毎日のように報じられ、犠牲者が増えているこの頃、国会ではこの未曾有の災害を見てその対策というか対応を急がねばならないけど、自民党の石井啓一国土交通相がカジノ法案(IR実施法案)の参議院審議に毎日出ていることを、立憲民主党の那谷屋正義参議院国対委員長が噛み付いたみたいです。

「(西日本豪雨の被災者の)命よりもカジノを大事にすると言われてしまうのは国会の名折れだ」と国交相なのに災害対応を後手に回っていかがなものかと言わんばかりな姿勢だが、今まで与党のやり方に批判ばかりで具体的な意見も言わず審議をほぼ放棄してきた野党が「名折れ」なんて表現を用いるのはどうかと思います。

むしろそんな事を言うのは国民だとは思うね。未曾有の災害なのに自分たちのしたいことを熱心になるのは自分たちの実績作りというか、自分の点数稼ぎにしか映らないし、競馬や競輪、競艇、オートレースといった公営ギャンブルがたくさんあるのにカジノは必要かと疑問もあります。カジノを合法化したかったらパチンコを完全規制したらと言いたくもなるが。
災害対応を民間や地元自治体任せにして自分たちは何もしないじゃ、与野党とも国民を全く見てないのかと言いたくもなります。まして与党の批判ばかりして自分たちなりの主義主張を訴えない野党がそう言っても説得力はありません。

theme : 日本を正常な国に戻したい
genre : 政治・経済

クロアチアが決勝進出

フランスが既に決勝進出してますが、そのフランスとの挑戦権を得たのは何と・・・!!

引用

クロアチア初の決勝進出!またも死闘 3戦連続延長でイングランド下す

 サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会は11日、決勝トーナメント準決勝が行われ、FIFAランク20位のクロアチアが同12位のイングランドに延長戦の末、2―1で勝利。同国史上初の決勝進出を決めた。

 前半5分にいきなり試合は動く。イングランドのアリが倒され、ゴール前正面の好位置でFKを獲得。これをトリッピアーがゴール右上に決め、イングランドに先制点をもたらした。

 いきなり追いかける展開となったクロアチアは、中盤のモドリッチ、ラキティッチが攻撃を組み立てたが得点には至らず。イングランドが1点をリードし、試合を折り返した。

 後半に入っても決定機をつくれずにいたクロアチアだが、後半20分を過ぎたあたりから徐々にシュートチャンスが増え始める。すると同23分、ブルサリコの右からのクロスをペリシッチが左足で押し込んで同点に追いついた。

 その後は両チームが勝ち越し点を奪えないまま後半が終了。今大会5試合目の延長戦、クロアチアにとっては決勝トーナメント1回戦、準々決勝に続く3試合連続の延長戦となった。

 迎えた延長後半4分。ペリシッチが頭でそらしたボールを、ゴール前でフリーになったマンジュキッチが左足ダイレクトでシュート。ボールをゴールネットに突き刺さし、クロアチアを初の決勝へ導いた。

 イングランドは立ち上がりに先制も、追加点を奪えず逆転負け。自国開催だった66年大会以来となる52年ぶりの決勝進出はならなかった。

 [ 2018年7月12日 05:37 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
準決勝に入り佳境を迎えたロシア・ワールドカップ、フランス対ベルギー戦は1-0でフランスが勝利したけど、もう一方のカード、初めての決勝進出を目指すクロアチアと52年ぶりの決勝進出を目指すイングランドの組み合わせとなったけど、試合は延長戦までもつれる白熱した内容となったみたいです。

試合は前半5分にいきなり動く、イングランドがクロアチアのファウルからフリーキックのチャンスを得るとキーラン・トリッピアーが直接狙ってこれをゴールへと放り込んでイングランドが先制、前半はイングランドが若干優位に試合を進めて折り返したが、クロアチアも反撃したもののゴールに至らずと拮抗したものとなった。

後半に入ってすぐクロアチアは猛攻を仕掛けるもゴールに至らず、イングランドリードのまま時間は進むのだが後半20分台に入ったところでクロアチアが反撃のチャンスを得ると、後半23分にシメ・ブルザリコが右サイドからクロスを上げると、これにイバン・ペリシッチが中央の深い位置から足を伸ばしてシュート!! ボールはゴール左中段へと吸い込まれて1-1の同点!! 試合は振り出しに戻るとその後両チームとも互角の試合を展開して1-1で90分が終了、試合は延長戦に突入、クロアチアは決勝トーナメントに入ってから3試合連続での延長戦を余儀なくされたみたいです。

延長に突入してもお互い一歩も引かず前半を終え、迎えた後半4分にクロアチアがペリシッチからのパスにフリーだったマリオ・マンジュキッチが上手く合わせてシュート!! ボールはゴール左下へと吸い込まれて逆転ゴールとなったようです。

試合は2-1でクロアチアが勝利、初めての決勝進出を決めた一方で先制ゴールしながら最後の最後に逆転されて敗れたイングランドも健闘したと思います。平均年齢が2番目に若くフレッシュ感はあったけど、最後は経験の差だったのでは?
3試合連続で延長戦を制し、前の試合までPK戦までもつれながら最後まで集中力と執念を持って挑んだクロアチアにはあっぱれです。

theme : FIFAワールドカップ
genre : スポーツ

「ジャンプ」創刊50周年

現在も少年漫画のトップランナーを走る「週刊少年ジャンプ」、今年はその「ジャンプ」が創刊して50年という節目の年ですが、この50年間はにくの名作を輩出し一時期は653万部も記録したほど今も昔も少年たちを歓喜させていることは間違いないです。

今から50年前の今日1968年7月11日に隔週刊漫画雑誌として産声を上げた「ジャンプ」(今でこそ毎週月曜日発売だが、創刊当時は第2、第4木曜日発売で、現在の週刊発売となるのは翌1969年10月、2003年5月まで毎週火曜日発売だった)、競合誌である講談社の「少年マガジン」、小学館の「少年サンデー」に遅れること10年足らずだが、創刊当時は後発ゆえに大御所というか人気漫画家を確保できず、仕方なく若手漫画家を発掘・育成することで現在に至るまでこのスタイルは継続している(そして専属契約をも結ぶ)。

その連載作品の特徴は大体バトルアクションものを中心にギャグ・スポーツといったものが主だが、これには主な読者層である小学校高学年から中高生にウケやすいというものが理由で、「ジャンプ」の特徴として忘れてはいけないのが「アンケート至上主義」、読者アンケート結果を特に重視するせいかアンケート結果が振るわなければ人気を博した作品及び作者であっても打ち切られるというシビアなところもある(これを提案したのは「アストロ球団」で有名な中島徳博だが、その中島は「アストロ球団」以降ヒット作に恵まれず何度も打ち切りの憂き目を経験した)。

またアニメなどメディア・ミックスにも積極的で、人気を博せばすぐにアニメ化させるというのも「ジャンプ」の特色、ゲーム化された作品も当然多いこともまたしかり(「ファミコンジャンプ」など「ジャンプ」作品が一同に共演するクロスオーバー作品もある)。

人気を博す一方でPTAなど良識派からは批判を浴びることもある「ジャンプ」、良くも悪くも「ジャンプ」人気が高いことを裏付けます。

「努力・友情・勝利」がモットーの「ジャンプ」連載作品の大半は大体この要素に当てはまらねばいけないというのが常識です(とは言え40年以上も連載した「こち亀」〈こちら葛飾区亀有公園前派出所〉にはこの3つのワードが当てはまってるかと思うと疑問)。

昨年には翌年に創刊50週年となるのを記念してか、ある号の復刻版が刊行されたり、「週刊少年ジャンプ展」なるイベントを実施したりと今見てる世代やかつて見てた世代をターゲットにしたイベントも積極的に行ってます。
世代を超えて愛される「ジャンプ」、これからも少年漫画界をリードしていくのだろうか。ちなみに俳優でタレントの斉木しげる氏は創刊当時から「ジャンプ」を愛読してるとか。

「男一匹ガキ大将」に始まり「アストロ球団」「包丁人味平」「ドーベルマン刑事」「こち亀」「キン肉マン」「Dr.スランプ」「キャッツ・アイ」「キャプテン翼」「北斗の拳」「ドラゴンボール」「きまぐれオレンジ・ロード」「ハイスクール奇面組」「シティーハンター」「魁!!男塾」「聖闘士星矢」「ジョジョの奇妙な冒険」「ろくでなしBLUES」「SLAM DUNK」「幽☆遊☆白書」「るろうに剣心」「ナルト」「ワンピース」・・・数えたらキリがないです。

theme : 週刊少年ジャンプ全般
genre : アニメ・コミック

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード