FC2ブログ

15歳が拳銃自殺を図る・・・!?

 どうやって拳銃を手に入れたのか、動機が不明でしかありません。

引用

高1男子が回転式拳銃で自殺か、「パン」という音…東京・八王子

 8日午前8時10分頃、東京都八王子市の住宅から「銃で自殺を図った人がいる」と119番があった。救急隊が駆けつけると、2階の室内で、この家に住む私立高校1年の男子生徒(15)が頭から血を流して倒れており、近くに拳銃が落ちていた。男子生徒は搬送先の病院で死亡。警視庁は、現場の状況から、拳銃で自殺を図ったとみて調べている。

 警視庁幹部によると、男子生徒の母親が同日午前8時頃に「パン」という音を聞いて2階の部屋に行き、倒れている男子生徒を発見し、通報した。男子生徒の体の近くには回転式拳銃1丁が落ちており、銃弾は頭部の左から右に貫通していた。遺書などは見つかっていないという。

 警視庁は、家族から男子生徒の生活状況を聞くとともに、拳銃が家にあった経緯についても調べる。

 現場はJR中央線高尾駅の北約3キロの住宅街。

 最終更新:6/8(月) 13:02 「読売新聞」より
 信じられますかね? 15歳の少年が拳銃を所持してかつ自殺するというニュース、それも一般市民の拳銃所持が認められていない日本においてこういうニュースがあるのって前代未聞っちゃ前代未聞です。

 8日午前8時10分、東京都八王子市のとある住宅でこの家に住む15歳の男子高校生が持っていた拳銃で自身の頭を撃って倒れたのを母親が見つけて警察に通報したわけだが、親は警察からこの少年の生活状況はどうだったのかとか、この拳銃をどうやって手に入れたのか聴取されそうだけど、拳銃所持となれば銃刀法違反だし、親は監督責任不行き届きで立件されておかしくない気がします。
 一般家庭において拳銃があるなんて少年の親が警察関係者か、それとも少年がモデルガンを改造して本物の拳銃と同じようにしたのか? 真相は分からないが、この前の兵庫県宝塚市の住宅街で起こったボーガンによる殺傷事件が記憶に新しいだけに、簡単に人を殺傷できるものが手に入るようになっていること自体物騒だわ。

 15歳にして拳銃を持っていること自体考えられないし、ここはアメリカじゃないんだよと言いたくなる。
 また閑静な住宅街が物騒な事件の現場となったことで、地域住民に与える衝撃だって大きいよ。またなぜ拳銃で自殺なんて愚かな考えが浮かんだのか? 真相は不明だが、明らかに精神的に異常だわ。

theme : まぢかよ!?
genre : ニュース

再会は遠く遥かに

 拉致問題解決を訴える家族たちにとっても、日本中にとっても、実に残念としか言い様のないことになってしまいました・・・。

引用

めぐみさん捜し続け43年…「会いたい」願い届かず、眠るように天国へ

「めぐみに会いたい」。そう訴え続けた父の願いは届かなかった。1977年、北朝鮮に拉致された横田めぐみさん(拉致当時13歳)の父、滋さんが5日、87歳で亡くなった。妻の早紀江さん(84)と二人三脚で80歳を過ぎるまで全国を駆け回ってきた滋さん。拉致問題解決を訴える家族らの中心的な存在だった滋さんの死に、悲しみが広がった。

 「主人は眠るように天国に召されました」

 横田夫妻の支援団体「あさがおの会」の森聡美さん(58)は5日夜、川崎市にある夫妻の自宅マンション前で報道陣の取材に応じ、早紀江さんからこう連絡を受けたと明かした。森さんは「夫婦以上の戦友のようなご主人を亡くされたばかりなので、今は静かに過ごさせてあげたい」と語った。

 滋さんが45歳になった77年11月14日の誕生日のことだった。「お父さん、これからはおしゃれにも気を付けてね」。勤務先の日本銀行新潟支店から帰宅すると、めぐみさんがプレゼントの「くし」を用意して待ってくれていた。「大人になったんだな。周囲にも気を配る年頃になったんだな」。思春期の女の子らしい気遣いに、顔をほころばせた。

 しかし、翌15日、幸せな日々が一転した。

 バドミントン部の練習を終えためぐみさんが、帰らない――。滋さん、早紀江さんたちは自宅近くの海岸を捜し回った。行方不明者を捜すテレビ番組にも出演。情報を求め続けてきた。

 それから約20年。脱北者の証言でめぐみさんが拉致され、北朝鮮で生きているという情報が滋さんにもたらされた。「これで、めぐみは帰ってこられる」。97年3月、他の拉致被害者の7家族と「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」を結成し、代表に就いた。

 「横田めぐみの父」と書かれたたすきをかけて街頭に立ったが、ビラをたたき落とされたこともあった。「拉致なんて本当にあるのか?」。冷たい言葉を浴びせられたこともあったが、地道な活動は少しずつ理解を広げ、2002年9月、当時の小泉首相が訪朝。初の日朝首脳会談で金正日(キムジョンイル)総書記は拉致を認めて謝罪したが、めぐみさんら8人は「死亡」と伝えられた。

 残酷な現実を突きつけられ、滋さんは記者会見で言葉を詰まらせると思わず涙をこぼした。この時、早紀江さんがとっさにマイクを握ると「いつ死んだかさえわからないものを、信じることはできません」と訴えた。こうした夫妻の姿は共感を呼び、拉致問題への関心は一気に高まった。

 02年10月には5人の帰国が実現したが、その後は拉致問題に進展はなかった。それでも、滋さんは各地での講演や政府関係者との面会などで精力的に動いた。

 優しい性格を表すようなソフトな語り口で知られた。05年11月からは、滋さんがあさがおの会メンバーと趣味で撮りためた家族の写真の展示を始めた。「めぐみがお嫁に行く時にでも持たせたい」。そう願う滋さんが撮影しためぐみさんの写真は一人娘への愛情にあふれ、見る人の心を打った。

 体力の衰えを理由に家族会の代表を退いたのは、07年11月。その後も各地で講演は続けた。しかし足腰が弱り、16年3月、京都での講演を最後に遠方に出かけることはなくなった。18年4月以降、入院生活を送っていた。

■「仲間また1人失った」「北への憤り、鎮まらない」

 横田滋さんの訃報(ふほう)に、ともに救出活動をしてきた家族会や拉致被害者らは悔しさや悲しみを口にした。

 「仲間がまた一人いなくなってしまった」。5日午後8時20分過ぎ、埼玉県上尾市の自宅前で取材に応じた家族会代表の飯塚繁雄さん(81)は肩を落とし、「長年にわたって拉致問題の中心人物として活動してきた横田さんが亡くなり、非常に残念」と言葉を絞り出した。

 拉致被害者の有本恵子さん(当時23歳)の父・明弘さん(91)は神戸市の自宅前で「横田さん夫婦が最初に全国を飛び回って、拉致被害を訴えてくれたからこそ、解決に向けた運動が始まった」と感謝した。今年2月、妻の嘉代子さんを亡くしたばかりで、「寿命が残り少ないのは自分も同じ。政府は北朝鮮と話し合いの場を作って、拉致問題を解決してほしい」と語った。

 北朝鮮でめぐみさんと一緒に生活したこともある新潟県佐渡市の拉致被害者、曽我ひとみさん(61)は、「滋さんが亡くなったとの一報をもらった時は、一瞬頭の中が真っ白になり、今は何も考えられません。ただ、ご冥福(めいふく)をお祈りするばかりです」とのコメントを出した。新潟県柏崎市の拉致被害者、蓮池薫さん(62)、祐木子さん(64)夫妻は「悲しさと悔しさを抑えることができない。当然な親子の再会を最後まで阻んできた北朝鮮当局への憤りを鎮められない」との談話を発表した。

 めぐみさんの小中学校時代の親友で、千葉市在住の真保恵美子さん(55)は自宅のテレビで滋さんの訃報を知り、「めぐみちゃんが北朝鮮で滋さんが亡くなったことを知ったら、どんなに悲しむことか」とやり場のない気持ちをあらわにした。真保さんは1月に母節子さん(88)と滋さんを見舞った。滋さんは寝ていて、ほとんど会話ができなかったが、目を覚ました時の少し笑ったような柔和な表情が忘れられない。節子さんは「悲しみで胸がいっぱい。早紀江さんをどうやって慰めればいいのか言葉が見つからない」と話した。

 最終更新:6/6(土) 7:36 「読売新聞」より
 北朝鮮による日本人拉致被害者の一人・横田めぐみさんの父親で拉致問題解決を訴えていた横田滋さんが亡くなったというニュース、娘・めぐみさんとの再会を果たすことなく亡くなったって思うと残念を通り越して無念としか言えません。

「長年にわたって拉致問題の中心人物として活動してきた横田さんが亡くなり、非常に残念」と家族会代表を務める飯塚繁雄さんも無念さを滲ませたし「横田さん夫婦が最初に全国を飛び回って、拉致被害を訴えてくれたからこそ、解決に向けた運動が始まった」と有本恵子さんの父親・明弘さんは横田さん夫婦の活動があったから北朝鮮による日本人拉致問題がクローズアップされ、解決運動につながったというように、いかに拉致問題解決において重要人物だったことを物語っています。

 めぐみさんに再び会いたいという気持ちで拉致問題解決を訴えていたけど、最近では健康不安もあり表に出ることはなかった横田さん、拉致問題を訴える家族会はまた一人重要人物を亡くしたと思うと、北朝鮮が憎い。そして拉致問題解決が後手に回っている政府は横田さんが亡くなったことに責任を感じてるんですか!? もう憲法9条など綺麗事、ならず者国家には強硬な態度で臨んでほしいわ。それと北朝鮮に融和的な政治家や知識人を❝排除❞してほしい。そいつらのせいで拉致問題はでっち上げなんて世迷い言がまかり通ったことを考えると、今までの日本の責任も重大なり。

theme : このままで、いいのか日本
genre : 政治・経済

大学生がボーガンで・・・!!

 家族間トラブルのもつれでこのような事件が起こるのは不思議じゃないが、凶器に意外なものが使われたとなると・・・!?

引用

「首にめっちゃ長い矢が」目撃者も絶句 ボーガン事件

 血だらけの女性の首付近には、長い矢のようなものが突き刺さっていたという。救急車とパトカーが続々と臨場し、閑静な住宅街は一瞬で異様な雰囲気に包まれた。兵庫県宝塚市で4日、男がボーガンのようなものを放ち、複数人が死傷した事件。目撃した近所の住民は「普段は静かなところなのに。怖い」と声を震わせた。

 事件が起きたのは、殺人未遂容疑で逮捕された大学生、野津英滉(のづ・ひであき)容疑者(23)の自宅。親族とみられる40代と70代の女性2人が死亡、さらに2人が負傷した。

 目撃者によると、現場の路上には血だらけの女性が倒れ、そのかたわらで、野津容疑者とみられる男がぼうぜんと立ち尽くしていた。さらにもう一人の女性も負傷しており、「首にめっちゃ長い矢が刺さっていて、驚いた」(近所の住民)という。

 現場近くに住む30代主婦が騒動に気付いたのは、この日午前10時20分ごろ。そのうち救急車がやってきて搬送用のストレッチャーがあわただしく行き交った。「運ばれている人は、毛布か何かで全身を覆われていたが、左手は血で真っ赤だった」と振り返り、「ここは普段は静かなところ。驚いたし、怖い」と話した。

 最終更新:6/4(木) 14:18「産経新聞」より
 兵庫県宝塚市の住宅街で、ボーガンのようなもので複数の人が撃たれて2人死亡、2人が負傷するというショッキングな事件、閑静な住宅街でこのような事件が起こるなんて住民にとって衝撃でしょう。

 この事件を起こしたのはここに住む23歳の大学生の男で、ボーガンで撃った相手は親族とみられる40代及び70代女性といいますから、親族相手にこのような凶行に及ぶなど考えられないが、何が原因でこの事件を起こしたのか? 動機を知りたいくらいだ。
 凶器が凶器だけに、犯人の精神状態はおかしいを通り越しているとしか言えないが、銃器と違って特殊な手続きも免許も必要ないボーガンだけに、そのボーガン殺人事件を起こしたとなると、ボーガンを規制すべきだという意見が出てもおかしくない。

「首にめっちゃ長い矢が刺さっていて、驚いた」と近隣住民からこのような証言が出ているけど、首に矢が刺さってるのを見たら誰だって驚くし、思わず悲鳴を上げたくもなるよ。

 それにしても、大学生が実の親族相手にこんな事件を起こすなんて本末転倒もいいところだが、こんな事件を起こして自身の未来を台無しにしたとしか思えません。動機が家族内トラブルだとしても、言い訳にならん。

theme : まぢかよ!?
genre : ニュース

京都アニメーション放火殺人犯をやっと逮捕

 COVID-19のせいで忘れられていた事件は多々ありますが、昨年世間を震撼させたあの事件で進展が・・・。

引用

京アニ放火殺人、青葉容疑者を逮捕…容疑認め「間違いありません」

 京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオの放火殺人事件で、京都府警は27日、やけどの治療で入院していた無職青葉真司容疑者(42)(さいたま市見沼区)を、死亡した36人全員に対する殺人や負傷者ら34人への殺人未遂、現住建造物等放火、建造物侵入、銃刀法違反の各容疑で逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

 最終更新:5/27(水) 8:48 「読売新聞」より
 昨年7月に起こった京都アニメーション第1スタジオ放火殺人事件で、事件を起こした男は大火傷を負い入院してたものの、その後回復したことで京都府警が27日に殺人未遂・現住建造物等放火・建造物侵入・銃刀法違反の各容疑で逮捕したわけだが、事件発生から10ヶ月、やっと犯人逮捕というのは随分時間を要したと思うね。

 京都府警が取り調べや勾留に耐えうるくらい回復したってことで逮捕したけども、事件を起こして自身も大火傷を負った男については、もしその後死んだら事件は有耶無耶なまま終わって被害者及び遺族、京都アニメーション関係者らにとって報われなさ過ぎるものになるからねェ・・・。一命をとりとめて法の裁きを受けるべきだと思います。
 事件発生から逮捕されるまでの間、京都アニメーションにとってホントに辛い時期だったことは間違いないし、現場は解体撤去されて空地になって現在に至ってるわけだが、この事件を風化させてはいけないことは確かだ。

 COVID-19や黒川弘務東京高検検事長の賭け麻雀行為などで忘れられていた京都アニメーション放火殺人事件、容疑者がやっと逮捕で事態は大きく動いたと言える。
 これだけ罪を重ねれば裁判では極刑間違いない。

theme : 朝いちのニュース
genre : ニュース

黒川氏を訴えるのは難しい?

 賭け麻雀をやらかしたことで世間からの厳しい視線を浴びている黒川弘務東京高検検事長、一般人であればすぐに賭博罪で書類送検されるけど・・・。

引用

黒川氏ケース、事件化困難?  賭けマージャン、過去に摘発も

 東京高検の黒川弘務検事長(63)が新聞記者らとの賭けマージャンを認め、辞表を提出した。

 過去には賭博容疑で芸能人や公務員が警察に摘発されたケースがあり、黒川氏立件の可能性も残るが、捜査幹部からは「事件化は難しいのでは」との声が出ている。

 賭けマージャンをめぐっては、タレントで漫画家の蛭子能収さんが1998年、東京都新宿区のマージャン店で警視庁捜査4課(当時)などに現行犯逮捕された。愛知県警は2013年、勤務中に賭けマージャンをしたとして県警の警察官6人を書類送検し、うち2人が罰金10万円の略式命令を受けた。

 朝日新聞社によると、黒川氏は同社社員や産経新聞記者、次長らと今月、記者の自宅で現金を賭けてマージャンをした。事実であれば賭博罪に当たるとみられ、刑法では「50万円以下の罰金または科料」と規定される。

 朝日新聞は1回の勝ち負けは1人当たり数千円~2万円程度などと発表。一方、ある捜査幹部は「仲間内での遊びの範囲内だったら、事件にするのは難しい」と指摘する。現行犯ではないため、「誰がどういう状況でいくら賭けていたか再現できるまで詳しく調べなければならない」といい、立件のハードルも高いと話す。

 別の捜査幹部も「闇カジノなど暴力団が後ろにいる賭博場などを狙って摘発するのが一般的」と説明。単純な賭けマージャンのみでの立件には慎重な姿勢を見せている。 

 最終更新:5/22(金) 8:34 「時事ドットコム」より
 新聞記者と賭け麻雀をしたことで辞表を提出した黒川氏だが、その黒川氏に対する処分は「訓告」という極めて甘いものだったことについて「はァ!? 何コレ!?」って首を傾げたくなる。それより辞表出した事自体が問題、それで済まそうとするのも甘過ぎるとしか思えない。

 それに賭け麻雀で有名人や公務員が警察に摘発されて書類送検されたケースは多々あるのに(1987年にプロ野球・西武の東尾修氏が、1998年にタレントで漫画家の蛭子能収氏が、2000年に新潟県警の幹部が、2013年に愛知県警の幹部が)書類送検もせず辞表を出したからそれでおしまいじゃふざけてるわ。国民軽視・身内に甘い・自浄能力がない。市民の検察に対する信用低下しかもたらしません。
 東尾や蛭子などは処罰を受けたのに黒川氏はお咎めなしに等しいんじゃ、理不尽極まりない。検察庁は芸能界と変わらないわ。

 賭け麻雀そのものが賭博罪なのに、仲間内の遊びだからってだけで事件にしないのはおかしい。だったら学校におけるいじめや一般社会におけるハラスメントなどは仲間内の遊びか!? 遊びだからで済ますのはバカげてる。立派な犯罪に当たるのに。どれくらい賭けていたかって金額の大小なんか関係ないんだよ!!
「闇カジノなど暴力団が後ろにいる賭博場などを狙って摘発するのが一般的」って、ヤクザが絡んでいるものだと摘発するのに自分たちが絡んでいるものには摘発に消極的なのは理不尽であり身内びいきもいいところ。自分たちのトップが違法賭博に手を染めたのに罰そうとしないなんて検察庁は世間をバカにしているんですか!? これは検察庁の倫理観そのものを疑いたくもなる。あとは国家公務員とマスコミの癒着関係がいかにメディア・リテラシーを堕落させているかってことも。

theme : 考えさせるニュース
genre : ニュース

COVID-19を理由にした呆れた動機

 COVID-19感染拡大のせいで社会にゆとりがなくなったからこういう犯罪が増えてんだろうかと思うと、嘆かわしくなります。

引用

「コロナで働けない」女性刺傷容疑の男、路上強盗の疑いも

 横浜市旭区で4月、アパートを内覧案内中の女性(23)を包丁で刺して重傷を負わせるなどして強盗殺人未遂容疑で逮捕された男が、別の路上強盗事件にも関与したとして、神奈川県警捜査1課は16日、強盗致傷の疑いで住所不定の無職、西山優希容疑者(25)を再逮捕した。容疑を大筋で認めている。

 再逮捕容疑は4月25日午前0時25分ごろ、同市中区桜木町の歩道で、女性会社員(24)の背後から刃物のようなものを押し当て、「騒ぐな、殺すぞ」などと脅迫。約260メートル先の路上で通行人に助けを求めた女性会社員を押し倒して逃走し、女性の頭に軽傷を負わせたとしている。

 西山容疑者は事件の約16時間後、同市旭区のアパート室内で、不動産会社員の女性の背中を包丁で刺し、現金数千円が入ったバッグや車の鍵を奪って逃走。同月26日に逮捕されていた。これまでの調べに「新型コロナウイルスの影響で働けなくなった。金がほしかった」などと供述していた。

 最終更新:5/16(土) 13:26 「産経新聞」より
 先月横浜市旭区で、アパートを内覧案内していた女性を突然刃物で刺して重傷を負わせたとして強盗殺人未遂容疑で逮捕された男に対し、神奈川県警捜査1課は強盗致傷容疑で再逮捕したというけど、この男には余罪があったと思うね。
 内覧案内していた女性を刺して重症を負わせた上に、今度は不動産会社員の女性を背中から包丁で刺した上に元気に理のバッグと車のキーを奪って逃走した強盗殺人未遂容疑に加えて強盗致傷、身勝手で呆れます。

 男は警察の調べに対して「新型コロナウイルスの影響で働けなくなった。金がほしかった」なんて言ってるけど、COVID-19を理由にこんな犯罪に及ぶなど実に言語道断。自分の人生が上手く行かないことをCOVID-19のせいにするのは典型的な責任転嫁であり実に低レベルで、下らない鬱憤晴らしでしかないです。
 そんな奴の勝手な理屈のせいで重傷を追った被害者のことを考えたらやりきれないし、その人が相当なトラウマでも負ったらとんでもないことをしてくれたな!! って言いたくもなる。
 そいつも所詮本能の赴くままでしか行動できない精神的に幼児だったのかとすら思うね。

 こんな身勝手な動機で強盗殺人未遂事件を起こすような奴に与える人権などない。てめえには社会に出る資格もねえぜ!! ドブネズミ!!
 COVID-19を理由にしたこんな下らない鬱憤晴らし的な犯罪が増加したらおぞましいよ。ホント。

theme : 許されない出来事
genre : ニュース

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード