fc2ブログ

エストニア、カラス首相の主張

ロシアの暴虐を止める為に、ウクライナを助けるのは欧米の努めです。

引用

エストニア首相、ウクライナ支援に「全ての選択肢を」 欧米派兵否定すべきでないと強調

【ロンドン=黒瀬悦成】ロシアの隣国エストニアのカラス首相は2月28日放送の英スカイニューズ・テレビとのインタビューで、ロシアに侵略されたウクライナの勝利に貢献するためには「全ての選択肢を考慮すべきだ」と述べ、欧米諸国による自国の地上部隊のウクライナ派兵を排除すべきでない、との考えを明らかにした。

地上部隊の派遣をめぐっては、フランスのマクロン大統領が26日、将来的に排除しないとの考えを示したのに対し、スナク英首相ら米欧の首脳や高官からは派兵に否定的な見解が相次いだ。カラス氏の発言は、こうした米欧の態度に直接反論するものだ。

カラス氏は、欧米諸国は「自らが持つ力を恐れてはならない」とし、ウクライナの防衛に向けて支援を強化することはプーチン露大統領が主張するような「戦闘のエスカレート」にはつながらないと指摘し、ウクライナを勝たせるためにどう取り組みを強化できるかを検討しなくてはならないと強調した。

カラス氏はまた、北大西洋条約機構(NATO)加盟各国が国防費を国内総生産(GDP)比2%に引き上げる目標を早急に実施すべきだと指摘し、未達成の国がなお多いのが「なぜなのか本当に理解できない」と語った。同氏によるとエストニアの国防費はGDP比3・2%となっている。

2024/2/29 10:03 「産経新聞」より
ロシアと国境を接するバルト三国の一つ・エストニアカヤ・カラス首相が28日にイギリスメディアの取材に応じ、ウクライナの勝利の為には欧米諸国がすすんでウクライナに派兵することだと述べたけど、この前フランスのエマニュエル・マクロン大統領が将来的にウクライナへ派兵というかんがえを排除しない考えを示した一方で、イギリスなどは派兵に否定的、アメリカは議会のねじれもあって支援出来ない状況にあるけど、今回のカラス首相の発言はウクライナへの派兵を巡って欧米間で温度差がある姿勢に対する反論とも取れます。

歴史的にロシアに侵略・占領された歴史があるエストニアだけに、ロシアの暴走に警戒感を示しているかも知れないけど、NATO(北大西洋条約機構)加盟各国が国防費をGDP(国内総生産)比2パーセントに引き上げる目標を達成してほしいとカラス首相は言うけど、エストニアの国防費がGDP比3.2パーセントとこの数字をクリアしていることから、我々に出来るんだからイギリスやフランス、ドイツなども出来るはずって訴えているかも知れません。

ロシアの暴走を止める為には、欧米諸国が足並みを揃えてウクライナへの派兵に積極的にならねばいけないって訴えに取れるけど、エストニアにすればウクライナがもしロシアの手に落ちれば次は自分たちが標的となる。こんな最悪な状況を作らない為にもウクライナを助けるべきだとカラス首相のこの主張、欧米諸国はどう見ているんでしょうか。

theme : 軍事・安全保障・国防・戦争
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード