fc2ブログ

闇バイトにご用心

今年最も世間を騒がせたワードの一つ「闇バイト」、その対策が急がれます。

引用

闇バイトの相談、昨年から急増 識者「周囲が気付いて」

 全国で相次いだ広域強盗事件では、高額報酬をうたい、SNSで犯罪の実行役などを募る闇バイトに注目が集まった。

 闇バイトに関して今年、警視庁に寄せられた相談は、前年の5倍近くに急増。金欲しさに応募する若者が後を絶たないとみられ、識者は「周囲の人が止めることが大切だ」と訴える。

 警視庁によると、1~10月、闇バイトに応募したり、犯罪に加担したりした人らから寄せられた相談は昨年同期の約4.7倍に上った。「嫌になって断ると『殺す』と脅された」「連絡を無視したら家に男が来た」などの内容で、一度関わると抜けられなくなる実態が改めて明らかになった。

 同庁が9月に高校生や大学生ら約2130人を対象に行った闇バイトの意識調査では、「荷物を運ぶだけで即日3万円もらえる求人があればやりたいか」という質問に対し、「そう思う」「ややそう思う」との回答は計20.7%に上った。

 同庁は、このような求人は闇バイトの可能性が高いと注意を喚起。高校や大学での啓発活動や闇バイトのSNS投稿に削除要請をするなど対応を強化している。

 奈良女子大の岡本英生教授(犯罪心理学)は闇バイトに手を出す若者が絶えないことについて、「普段から気軽に使っているSNSで応募できることに加え、不景気や物価高の中、手軽にもうけられることが要因ではないか」と分析する。

 闇バイトの実態を伝える報道も多いが、「それでも手を出してしまう人はテレビや新聞から情報を得ていないのではないか。親や周囲の人が犯罪に手を出していないか気を配る必要がある」と訴えた。

 最終更新:12/5(火) 14:12 「時事ドットコム」より
今年の流行語大賞トップ10の一つに選ばれた「闇バイト」、高額報酬を餌に実行役を募って犯罪を実行するという新世代組織犯罪として、今や世間を騒がせるというか市民を脅かす危険分子だが、その闇バイトに対して今年警視庁に寄せられた相談は前年より5倍に膨れ上がったけど、これは金欲しさに気軽に関心を持って応募する若者が増えていることも一因だけど、興味から手を出してとんでもないことになるってのは薬物と同じで、危険ってことです。

「嫌になって断ると『殺す』と脅された」「連絡を無視したら家に男が来た」という相談の内容がそれを物語っているけど、一度手を出すと抜けられないという薬物のような危険性を孕んでいるのは前にも述べたが、普段からSNSに慣れ親しんでいることから簡単に応募できることに加え、不景気と物価高の不安から簡単に金がもらえるという下心が闇バイトに手を出す若者の増加につながっていると犯罪心理学の専門家は言ってますが、平たい話がうまい話にホイホイ乗っかるってこと? 詐欺と同じで話や情報を安易に信用しないことが大事だと思う。
「周囲の人が止めることが大切だ」とも言いますが、やはり周りが「そんな危ないものに手を出すんじゃないよ」「世の中にはうまい話なんてないんだよ」って止めねばいけない。
それとこういう胡散臭い広告っていうか求人募集の告知を警察などが取り締まるのも大事なんだが。

若者の不安につけ込んでうまい話で騙し、それを断ろうとする姿勢には暴力に訴え、それで犯罪行為に加担させようとするその所業、許せん!!

theme : 社会問題
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード