fc2ブログ

対巨人戦3年連続勝ち越し!!

首位をひた走る今のチームの勢いがそのまま出た試合でした。
それにしても今季は巨人を得意にしている阪神、この実力は本物でしょう。

引用

阪神・岡田監督 球団監督歴代単独3位の通算461勝目「久しぶりに楽な展開」3年連続巨人戦勝ち越し

 岡田監督が、阪神監督としては歴代単独3位となる通算461勝目を挙げた。オリックス監督時代を含む通算649勝も、山本浩二に並ぶ歴代21位タイに浮上。伝統の一戦での節目の1勝。しかも、前政権時代からしのぎを削ってきた原監督が率いる宿敵を、投打で圧倒してつかんだ会心の白星だった。

 「久しぶりにね、(打線が)つながったというか、楽な展開だったんで、本当に久しぶりよね」

 先発野手全員安打と打線が序盤から活発。森下、佐藤輝と中軸を任せる和製大砲もしっかり役割を果たした。投手陣も自らが先発ローテーションに抜てきした村上が快投を披露し、本来なら競った展開で起用する島本や岩貞を登板させるぜいたくな継投で、付け入る隙を与えなかった。

 まだ7試合を残しているにもかかわらず、3年連続の巨人戦シーズン勝ち越しも決定。「それは積み重ねなんでね。(東京)ドームが今回、最後ということでね。いい形で明日、明後日も終わりたい」と視線を前へ向けた。“アレ”へ突き進む指揮官は立ち止まることなく、頂点へ歩を進める。

 [ 2023年8月26日 05:15「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
今季の長期ロードの❝締め❞である東京ドームに乗り込んでの巨人3連戦、今季巨人には12勝4敗1分と大きく勝ち越しており、この試合に勝てば今季の巨人戦勝ち越しが決まる大一番だけに勝利したいところでしたが・・・。

蓋を開ければ先発野手全員安打で8-1の完勝、これにより今季の巨人戦勝ち越しをあっさり決めただけでなく、3年連続での対巨人戦勝ち越しも決めたわけですが、この試合は首位をひた走る阪神とAクラスとBクラスというか勝率5割を行ったり来たりする巨人の差が明らかになった試合と言えます。

この日の巨人先発・戸郷翔征から3回にルーキー・森下翔太の2ランで先制すると、4回には坂本誠志郎のタイムリー、5回には佐藤輝明とシェルドン・ノイジーのタイムリーで6点を奪って途中KOという展開だったけど、今のチームの勢いには戸郷=苦戦する。って意識など「そんなの関係ねェ!!」です。
投打に巨人を圧倒して勝利したわけだが、岡田彰布監督はこの試合を振り返って「久しぶりにね、(打線が)つながったというか、楽な展開だったんで、本当に久しぶりよね」とコメントしたけど、長期ロード中はほとんど僅差での試合が多かっただけにこういうハナっから試合を優位にして勝利する展開は実に久々だったりするんだよね・・・。

「それは積み重ねなんでね。(東京)ドームが今回、最後ということでね。いい形で明日、明後日も終わりたい」と締めくくった岡田監督、いい形で今季の長期ロードを終える為に次に切り替えていくしかありません。巨人に今季勝ち越しを決めたからってそこで満足してはいけません。まだシーズンは残っているんだから。

theme : 阪神タイガース
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード