fc2ブログ

チベット民族蜂起記念日

本日3月10日はチベット民族蜂起記念日なる日ですが、なぜこの日がその記念日となったかというと、1959年のこの日にチベット自治区のラサで反中国、反共産主義の為の民衆暴動が起こったことで毎年この日は世界各地の亡命チベット人のコミュニティや欧米諸国、日本、そしてダライ・ラマ14世が亡命したインドにおいて記念行事が行われており、中国による一方的なチベット支配への抗議を訴えるものであります。

この日はだいたい中国によるチベット支配への抗議が高まっておかしくないが、2008年のこの日、チベット独立を訴えるデモがきっかけでチベット騒乱に発展したわけだが、中国共産党はこれを力で抑圧、中国は全世界から顰蹙を買ったわけだが、奇しくもこの年は北京夏季オリンピックが開かれたわけで、聖火リレーにおいて「フリーチベット!」という叫びとともに妨害を絡めた抗議活動が欧米で相次いだのは言うまでもない。

そこまでして中国はなぜチベットを自分たちの支配下に置きたいのか?
第2次大戦後に起こった国共内戦に勝利した中国共産党はチベットを併合しようとしてチベットに侵攻、多くのチベット人を虐殺するなど残虐非道の限りを尽くし、ダライ・ラマ14世はインドに亡命するハメになったわけで、そこから中国共産党はチベットを支配して抑圧的な政策を取り、国際社会から顰蹙を買っているのは知っての通り。
漢民族による支配と同化政策を推進し、元からいたチベット人の権利を蔑ろにしてそれが国際社会から顰蹙を買っているのにどこ吹く風の中国、やっていることはかつて南アフリカで行われていたアパルトヘイト(人種隔離政策)と変わらない。南アフリカは一時期アパルトヘイトなんて政策を取ったせいで国際的に孤立したのに、なぜ中国は国際的に孤立しなかったのかは謎だ。

最近ではウイグルばかりに目が行きがちな中国による人権侵害行為、チベットもまた今も中国による人権侵害に苦しめられていると思うと、この日は中国の横暴に抗議する機運が高まっておかしくないと思うんだが。

theme : 「ならず者国家」中国
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード