fc2ブログ

「脱石炭」に前向きな世界だけど

地球温暖化防止が叫ばれる昨今、石炭火力に対する風当たりが厳しくなっています。

引用

石炭火力廃止、46カ国・地域が署名 日米中は不参加 COP26

【グラスゴー時事】英北部グラスゴーで開かれている国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)で、温室効果ガスの排出対策を取っていない石炭火力発電の廃止を盛り込んだ声明に英独仏や欧州連合(EU)など46カ国・地域が署名した。

 COP26のシャーマ議長は、4日に英政府が主催したイベントで「石炭火力の終わりが見えてきたと確信している」と強調した。ただ、石炭火力に依存する日本や中国に加え、米国も署名を見送り、対応が分かれている。

 声明は議長国の英国が主導。主要国は2030年代に、他の国は40年代に排出削減対策をしていない石炭火力を廃止することなどを盛り込んだ。署名国のうち、ポーランドや韓国、インドネシアなど23カ国は今回初めて廃止を表明した。一方、日本は今後も活用を続ける方針を維持しており、廃止を求める国際圧力が強まる可能性がある。

 英国やカナダが主導する「脱石炭連盟」も3日、シンガポールなど7カ国が新たに加わり、計165の国・自治体・企業が参加したと発表した。日本では以前から京都市が加盟しているが、政府としては加わっていない。

 最終更新:11/5(金) 9:16 「時事ドットコム」より
グラスゴーで開催されているCOP26(国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議)において、温室効果ガス排出対策を取っていない石炭火力発電を廃止することを盛り込んだ声明にイギリス・フランス・ドイツなど46カ国が署名したけど、一方で日本・アメリカ・中国は署名を見送るという事態となったけど、とりわけ日本、今後も石炭火力発電を続ける方針を崩しておらず、これでは日本は温暖化対策において消極的だというレッテルを貼られかねません。

このせいで国際NGOが選ぶ「化石賞」の2位に選ばれてしまった日本、正直言って石炭火力発電にいつまで頼るのかと言いたくなります。

これについて日本国内の環境保護団体は抗議声明を出さないんでしょうか?
「いつまでも石炭火力発電に依存するな!」「石炭火力発電継続よりも再生可能エネルギー政策を考えるべきだ」「利権を取るな!」って声が上がってもおかしくないけど。
とはいえ地震や台風、豪雨など異常気象が起きやすい日本のことだから、風力や太陽光と言った再生可能エネルギー推進の動きが進まないジレンマを抱えてるのも事実。石炭火力発電は温暖化につながるから止めろという欧米からの圧力に対しても「欧米はそうやって自分たちの価値観を押し付けてくる」って反論も出てきそうで、正直捕鯨問題同様平行線な感じがしてならない。

theme : 日本を憂う
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード