FC2ブログ

島根県の反抗に不快感?

森喜朗の女性蔑視発言で一気に風向きが危うくなった東京オリンピック、当然オリンピックどころじゃないという意見が出てくるわけだが、これについて政府の見解はというと・・・!!

引用

五輪に冷や水、政府不快感 島根の聖火リレー中止検討に

 今夏の東京五輪・パラリンピックをめぐり、島根県の丸山達也知事が県内の聖火リレー中止を検討すると表明したことに、政府は不快感を示している。

 大会組織委員会の混乱が続く中、五輪開催にさらなる冷や水を浴びせられた格好で、火消しに懸命だ。

 政府高官は17日、丸山知事の発言について「新型コロナウイルス対策に不備があれば当然主張すべきだが、それを聖火リレーの開催条件に結び付けるのはおかしい」といら立ちをあらわにした。

 新型コロナ感染拡大が続く中、東京五輪は予定通りの開催が危ぶまれている。組織委の森喜朗会長が女性蔑視発言で辞任表明したことが混迷に拍車をかけており、報道各社の世論調査でも中止や延期を求める声が根強い。

 こうした中、47都道府県を回るはずの聖火リレーが一部でも中止になれば、一層のイメージダウンは必至だ。

 加藤勝信官房長官は17日の記者会見で、聖火リレーについて「組織委で都道府県実行委員会と協議しつつ、感染防止策を含めて検討が進められている」と指摘。その上で、東京五輪について「引き続き安全、安心な大会の開催に向けて準備を行っていきたい」と強調した。

 波紋は与野党にも広がっている。自民党の下村博文政調会長は会見で「知事の判断ということでやむを得ない」と苦渋の表情。公明党の竹内譲政調会長は「驚いている。ちょっと真意を測りかねる」と戸惑いを隠さなかった。

 これに対し、立憲民主党の蓮舫代表代行は会見で「自治体の首長の発言は極めて重い」と述べ、政府側に計画見直しも含む速やかな対応を求めた。

 最終更新:2/18(木) 8:57 「時事ドットコム」より
島根県の丸山達也知事が県内における聖火リレーを中止することを検討したけど、中止を検討する理由として丸山知事は「COVID-19の感染拡大を抑え込めてないのにオリンピックなんかやってる場合か!?」って理由で県内での聖火リレーを中止することを仄めかしたわけだが、丸山知事のこの姿勢について政府高官から「新型コロナウイルス対策に不備があれば当然主張すべきだが、それを聖火リレーの開催条件に結び付けるのはおかしい」と丸山知事の主張に反論したけど、COVID-19感染拡大とオリンピックの聖火リレーに結びつけるなんてって不満気なんでしょう。

加藤勝信官房長官はと言うと「組織委で都道府県実行委員会と協議しつつ、感染防止策を含めて検討が進められている」と聖火リレーについてこう指摘した上で「引き続き安全、安心な大会の開催に向けて準備を行っていきたい」と改めて東京オリンピック開催に前向きな姿勢を取っているわけだが、今安全安心と言える状況ですか?

丸山知事のこの姿勢はCOVID-19感染拡大に歯止めがかからない中で聖火リレーなんてとんでもない!! ってことだけど、世論はオリンピック開催に反対意見が多いのに、政府はその世論の声に目を向けず開催に固執しようとするその姿勢、すこぶるズレているとしか言い様がないけど、国民の理解もないまま強行開催なら国内外から総スカンを食らうだけです。
オリンピックどころじゃないから聖火リレーなんてやるべきじゃないという島根県のこの姿勢、他県でも追随する動きが出てくるんでしょうか? 政府はいい加減現実を見てほしい。

それと森氏の後任に橋本聖子オリンピック担当相を起用する気満々だが、政治的中立に抵触しないかと思うし、他に人材はいないのかとも言いたくなる。

theme : 日本を憂う
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード