FC2ブログ

吾輩はラリーである

日本ではネコ駅長などが話題となってますが、海外では・・・!!

引用

英官邸猫が在職10周年 「メディアのスーパースター」

【ロンドン時事】英首相官邸で「内閣ネズミ捕獲長」を務める猫のラリーが15日、在職10周年を迎えた。

 英国民の絶大な人気を反映するように各方面からメッセージが寄せられ、祝賀ムードが広がっている。

 ラリーを官邸に送り出したロンドンの動物保護施設「バタシー犬猫ホーム」は声明で、「10年前のしがない野良猫は、今や政治の象徴となった」と称賛。財務省の「ネズミ捕獲長」の猫グラッドストンの公式ツイッターも「おめでとう。さらなるご活躍を」と励ました。

 国内外のメディアは10年間の足跡を紹介。「メディアのスーパースター」(インディペンデント紙)、「誰よりも目を引く役者として完璧」(民放スカイニューズ)などとたたえた。

 ラリーはキジ白柄の14歳で、3代の首相に仕えている。官邸前からの生中継に映り込んだり、報道陣に愛嬌(あいきょう)を振りまいたりする姿で人気を確立。トランプ前米大統領の訪英時には専用車の下に潜り込むなど、多くの話題を提供してきた。 

 最終更新:2/16(火) 8:52 「時事ドットコム」より
イギリスの首相官邸にて「内閣ネズミ捕獲長」なる役職に就いていたキジ白柄のネコ・ラリー君、官邸前からの生中継に映り込んだり報道陣に愛嬌を振りまくなど、可愛い仕草でイギリス中の人気者となっているわけだが、そのラリー君が内閣ネズミ捕獲長に就いて10年を迎えたことで、イギリス中からメッセージが殺到したみたいです。

内閣ネズミ捕獲長に就いてから10年を迎えたことで10年間の足跡をイギリスのみならず海外メディアから取り上げられたけど「メディアのスーパースター」とまで評されたことは、ラリー君の存在がブレグジットやスコットランドの分離独立、王室の騒動など世知辛い話題ばかりのイギリスにおいて❝ほっこり❞を招いたっていうことです。

今から10年前にネズミ取りの上手さを買われて保護施設から首相官邸にやってきたラリー君、でもネズミ取りに飽きたのかネズミを捕まえなくなったけど、その後も首相官邸に残ってイギリス政治を見守る役割を務めるという首相官邸の一員として今に至ってますが、元々ラリー君がいた施設は「10年前のしがない野良猫は、今や政治の象徴となった」と称賛するなど、今や王室以上にイギリスの象徴となったラリー君を特別な思いで見守ってるんじゃないでしょうかね。

theme : ニュース・ピックアップ
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード