FC2ブログ

トランプ大統領の「最後っ屁」

明日ジョー・バイデン新大統領が就任するアメリカ、それは即ちあの人物が大統領職を降りる日です。

引用

トランプ氏、お別れメッセージで「米国の力取り戻した」…バイデン氏には言及せず

【ワシントン=横堀裕也】米国のトランプ大統領は19日、退任を前にお別れのビデオメッセージを発表した。「我々は国内で米国の力を、海外で米国の指導力を取り戻した」と内政や外交面での成果を列挙した。新政権には、「米国の安全と繁栄を守ることに成功するよう祈る」とエールを送ったが、バイデン次期大統領には直接言及しなかった。

 自身の支持者らが連邦議会議事堂を一時占拠した事件にも触れ、「政治的な暴力は、我々が米国人として大切にしているもの全てに対する攻撃だ」と非難した。その上で、「共通の価値観のもとで団結することがかつてなく求められている」と国民に融和を呼びかけた。

 トランプ氏は2024年の大統領選への再出馬を模索しているとも指摘される。この日のメッセージでは、「私は次期政権に権限を移譲するが、我々が興した運動はまだ始まったばかりだ」と締めくくった。

 最終更新:1/20(水) 12:43 「読売新聞」より
「我々は国内で米国の力を、海外で米国の指導力を取り戻した」と19日にビデオメッセージを発信したドナルド・トランプ大統領、退任前最後となるアメリカ国民に向けたメッセージかも知れないが、トランプ大統領がアメリカにもたらしたものってなんでしょうか? 国外ではアメリカの威信を取り返したかも知れないが国内では分断が強まったとしか思えず、功罪が割れると思う。
新政権に対して「米国の安全と繁栄を守ることに成功するよう祈る」と言っただけで、バイデン次期大統領のバの字も出てこないこのテキトーぶり、これはバイデン次期大統領へのエールとは程遠いです。

トランプ大統領自身の支持者が起こした連邦議会議事堂襲撃占拠事件にも触れて「政治的な暴力は、我々が米国人として大切にしているもの全てに対する攻撃だ」と言及、返す刀で「共通の価値観のもとで団結することがかつてなく求められている」と融和を呼びかけたけど、前日メラニア夫人が国民に対して融和を呼びかけたからそれを見習ってやったとしか思えないが「分断を煽っておいてそれが言える口か?」「アメリカの民主主義に泥を塗るようなことをして、恥を知れ!!」って世間の大半からはこう思われてます。

アメリカ・ファーストを叫んでアメリカの威信を取り返したはいいが、政権末期には日本の安倍晋三前政権末期や今の菅義偉政権のようなしくじりばかりを重ね、大統領選挙では結果を受け入れず大人気ない抵抗を続けたことで晩節汚しまくりもいいところではないでしょうか。

「私は次期政権に権限を移譲するが、我々が興した運動はまだ始まったばかりだ」と締めくくったトランプ大統領だが、2024年の大統領選挙に出馬して再びアメリカの大統領になってやると言わんばかりなこの態度、最後まで強欲丸出しだったとしか言い様がありません。ただ中国やロシアに対して強硬な態度を取って妥協しなかったことは評価したい。

theme : ドナルド・トランプ 第45代 アメリカ合衆国 大統領
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード