FC2ブログ

菅総理の所信表明演説

 総理就任後初となる国会だけに、最初のお言葉はいかに?

引用

首相所信表明演説 独自色アピールも問われる社会像

 26日の菅義偉(すが・よしひで)首相の所信表明演説は、安倍晋三政権の路線を継承しつつ、「デジタル庁の創設」や「マイナンバーカードと健康保険証の一体化」など、首相就任以来訴えている肝いり政策を並べる。ただ単に安倍路線を継承するだけでなく、首相の独自色をアピールする意欲がにじむ。

 その際たるものが「グリーン社会」の実現だ。演説では2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにし、脱炭素社会の実現を目指すことを宣言する。

 政府はこれまで、温室効果ガス排出ゼロを目指してきたが、目標時期は「今世紀後半のできるだけ早期」と曖昧にしていた。初めて具体的な時期を明示し、地球温暖化対策に積極的な姿勢を国内外に示すとともにグリーン社会を経済成長の原動力としたい考えだ。

 首相は演説を「国民のために働く内閣として改革を実現し、新しい時代を、つくり上げていく」と結んだ。携帯電話料金の引き下げや不妊治療の保険適用など就任直後から矢継ぎ早に関係閣僚に指示を飛ばし、閣僚を政策実行に駆り立てていることも高支持率の一因とみられる。

 国民からの期待が高まる一方で、個々の具体的政策が首相の目指す国のあり方にどのように結びつくか、演説の中で十分に説明されているとは言い難い。首相は「私が目指す社会像は、『自助・共助・公助』そして『絆』だ」と強調するが、今後の国会論戦で丁寧に説明していくことが求められる。

 最終更新:10/26(月) 14:50 「産経新聞」より
「国民のために働く内閣として改革を実現し、新しい時代を、つくり上げていく」第203臨時国会にて表明した菅義偉総理、これが菅総理の所信表明演説となるわけだが、前政権との差別化を図る意味で前政権を継承しつつ独自色もみせたようです。

 これまで温室効果ガス排出ゼロという目標を掲げながら実現できなかった歴代政権を教訓にしてか「グリーン社会」を目指すと言ってるけど、これには日本は温暖化対策に消極的だという国際社会からの批判をかわす狙いもあるかも知れないし、それを経済成長につなげたいという目論見かも知れないけど、政府内で環境問題にどれだけ関心があるかも見たほうがいい。いくら菅総理がそれをやると公言しても政府内の足並みが揃わなければ話になりません。それと原子力発電の再稼働に依存してるようなエネルギー対策も改めねばいけないし、放射性廃棄物の最終処分の問題も解決できていない現実を重く見ているんですか?

「私が目指す社会像は、『自助・共助・公助』そして『絆』だ」と意気込む菅総理だが、国民のために働くと言うんだったら国会を通年制にしたほうがいいんじゃないの? 非常事態に国会を開かないのは無責任だとの批判もあるんだし、国会は常に開けておいたほうが国民の為です。

 故事や格言を用いずシンプルな内容だった菅総理の所信表明演説、これも菅総理の独自色の表れでしょうか?
 言うだけ言って行動に移さないまたは無理だったと簡単に諦めたら国民から総スカンを喰らう。というのも理解したほうがいい。菅総理。

theme : これからの日本について
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード