FC2ブログ

「暴力教師」を二度と教壇に立たすな!!

 兵庫県宝塚市のとある市立中学校で柔道部の顧問の教諭が、1年生の男子部員2人に対して執拗に体罰を加えたことで傷害容疑で逮捕されたって言うけど、なぜ生徒に対して「ここまでする?」的な行為ができるのか、意味が分からん。
 動機は校内の冷蔵庫に保管していたOBから差し入れたアイスクリームをこの男子部員が無断で食べたことで、その部員が罪を認めて謝罪したのに対し「今頃謝っても許さん」的な態度で他の部員が見ている前で執拗に柔道技をかけ、部員が失神してもなおも技をかけるという集団リンチに等しい暴力行為をしたもんだから、実に言語道断だし、これが教師のすることかと言いたくなるよね。
 行き過ぎた行為のせいでその部員は重傷を負ったんだから、指導というより執拗な暴力、悪質なリンチに他なりません。

 それとこの教諭は前の学校で3回も生徒に対して体罰を加えた「前科」があったんだから、体罰の前科持ちな者を入れた学校側の責任は免れないよ。ましてこの教諭は1、2回目で「訓告」3回目で「減給」処分だけど、2回目で「訓告」処分って大甘も大甘だ。3回目で「減給」も疑問、普通2度3度同じ不祥事を起こせばクビになってるわ。

 これだけ体罰を繰り返して処分を受けているのに教員免許の剥奪という「厳罰」を下せない社会も問題だと私は思います。情けないことにわいせつ行為で懲戒免職処分を受けた教員はいるのに体罰で懲戒免職処分を受けた教員はいないっていうんだから、わいせつと体罰でこうも扱いが違いんじゃねェのかと言いたくなるし、どっちも子供を傷つけるような大それた行為であることに変わりはないのにわいせつ行為が発覚した教員は処分で体罰を起こした教員はお咎めなしなんて、教育現場の自浄能力が全く無いとしか言い様がない!!
 それに体罰が発覚したら学校→市町村の教育委員会→都道府県の教育委員会。って流れで事態を報告する仕組みもまたややこしい。それだから問題把握も遅れるし教育委員会は何をやってんだって言われるんじゃないのかな!?
 それとこの教諭、相手が罪を認めて謝罪したのに「許さない」的な態度に出て暴力に訴えるなんて人として最低を通り越してるし、教育者として不適格も不適格な言動でしかない。

 また体罰を起こしても懲戒免職にならない理由として、懲戒免職に該当するのは児童生徒を死に至らしめた及び遺症が残るような行為をしたぐらいなんだから、その線引はおかしい、軽かろうが重かろうが暴力であることに変わりはない。それと未だ教育現場において指導と称した暴力が未だに残る風潮があることも体罰がなくならない理由なんじゃと思うし、即ち教育現場からして暴力をみっともない、許されないもの。って意識が未だに薄いからこうなってんじゃねェのかと思うんだよ。しつけや指導と称して暴力を美化するような社会は昭和のまんまで今の時代にはそぐわない。って意識がまだ社会に根づいていないことを痛感する。これだから日本は倫理観が遅れているって欧米から批判されるのも当然だ。

 私は思うに「わいせつ教師」や「暴力教師」は教育現場から「追放」しなければ教育現場が良くならないと思います。こんなロクでもなさ過ぎる教師がいる学校に子供を預けれないし、親にしても不安だ。
 わいせつ教師や暴力教師が増えていることに日本PTA全国協議会は問題視すべきです。テレビやサブカルを「子供に悪影響だ」なんて批判するよりも教員の質の低下を批判すべきだ。

 わいせつ行為や体罰を起こした時点で即懲戒免職、教員免許剥奪。という厳罰に処す。ってしないとダメだ。こんな倫理観のない人間が教員をやっている社会じゃ社会が腐るのも無理はありません。こういう人間を教壇に再び立たせることは凶悪犯罪を起こした者が無罪放免で社会に復帰するようなもの、健全さなどあったもんじゃありません。まして教育現場、子供たちを預けて指導する側が子供を精神的にも肉体的にも傷つけるような行為をするなど言語道断極まりないです。子供の夢を奪い、その心を傷つけた罪は特に重い。そんな教師など大人失格。

theme : 教育問題
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード