FC2ブログ

小池百合子が圧勝

 開票開始たった4秒で決まったからねェ・・・!?

引用

再拡大防止と経済配慮 二兎追うコロナ対策 小池氏・都知事選

 東京都知事選は現職の小池百合子氏(67)が勝利した。

 都内では新型コロナウイルス新規感染者が5日までの4日間連続で100人を超え、感染拡大防止に向けた対策が急務だ。同時に小池氏は、幅広い業種や施設に対する再度の休業要請には慎重で、経済や都民生活に配慮する姿勢を示しており、二兎(にと)を追う難しい対応に直面する。

「緊張感を持ち、厳しい状況にしっかりと対応していきたい」。5日夜に都内で記者会見した小池氏は、コロナ対策が喫緊の課題と強調した。

 都内では、3月下旬から新型コロナの感染者が急増した。4月7日に緊急事態宣言が発令されると、小池氏は新型インフルエンザ対策特別措置法に基づき幅広い業種に休業を要請。応じた中小事業者に最大100万円の「協力金」を支給するなど、矢継ぎ早に対策を講じた後、一時は感染者が1桁台にまで減った。

 だが、宣言解除後は徐々に増加傾向に転じ、7月2日に2カ月ぶりとなる100人台に戻った。医療提供体制は逼迫(ひっぱく)していないものの、急激に感染者が増える恐れがある。一方、これまでの対策で都の「貯金」に当たる財政調整基金の残高は807億円となり、2019年度末から9割以上減少し、ほぼ底をついた。新たな休業補償など大胆な対策を打つために十分な財政的余裕はない。小池氏は今後について、「緊急事態宣言下のように一斉に休む形ではなく、効果的な方法を取りたい」と述べた。

 21年夏に延期された五輪への対応も難題だ。コロナの世界的流行の収束が見通せない中、小池氏は「いかに費用を圧縮しながら簡素化するか。都民、国民に納得いただけるような形で今後(準備を)進める必要がある」と強調。国際オリンピック委員会(IOC)や政府、大会組織委員会などと連携し、開閉会式の簡素化など具体的な協議に当たる考えだ。

 今後の都税収入は法人2税を中心に大幅に減ることが予想される。コロナ対策と五輪への準備という目前の課題だけではなく、苦しい台所事情の中、「知事がどのくらい独自の色を出していけるか」(都幹部)試される。

 最終更新:7/6(月) 7:34 「時事ドットコム」より
 5日に投開票を迎えた今回の東京都知事選挙、開票開始4秒で「小池百合子氏の当選確実」って出たから、正直小池都知事の圧勝で終わった感がしてなりません。即ち❝あっけない❞ものです。

 4日連続でCOVID-19感染者が100人を超えている東京、COVID-19感染防止に向けた対策や来年に延期となった東京オリンピックへの対応という2つの課題を抱える中で、再び小池都知事による都政となるわけだが、小池都知事の手腕がまた問われそうです。

 それと今回の都知事選挙だが、やる意味があったんだろうかという疑問も残った。
 COVID-19対策が急がれるのに選挙なんかやってる場合かと言いたくなるし、選挙活動もCOVID-19のせいでままならない中で選挙をするのは無意味感すらあります。あとは他の候補者が極左(宇都宮健児)やポピュリスト(山本太郎・立花孝志)、泡沫候補ばかりで新鮮味などあったもんじゃない。
 医療現場は逼迫していないなんて言う小池都知事だが、医療現場を全く見ずにそんな勝手なことを言うのは医療関係者をバカにしている感もしてならない。

 経済活動とCOVID-19対策を秤にかけてどうするかという選択を迫られている小池都知事だが、後者を優先したほうがいいのではと思うし、それと都の財政が逼迫していると感じてるなら自分たちで身を削ったらと思うね。

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード