FC2ブログ

こんな誓約書もあったのか?「テラスハウス」

 木村花の自殺で世間からバッシングを浴びたが、またバッシングのネタを提供したみたいです。

引用

テラハ「誓約書は事実」不祥事の放送中止損害賠償も

 出演者のプロレスラー木村花さんがSNS上で誹謗(ひぼう)中傷を多数受けた後、22歳の若さで死去し打ち切りとなったフジテレビ系恋愛リアリティーショー「テラスハウス」について、遠藤龍之介社長(64)は3日、定例会見で「逝去に対して哀悼の意を表したい」と話した。

 現在、制作会社のイースト・エンタテインメントと共に検証チームを立ち上げ、出演者や関係者への聞き取りを行っている。大多亮常務(61)は「制作過程において『ゼロから1を生み出す』などの問題がなかったか。行動、言動を無理強いしていないか。心のケア」の3つのポイントを中心に検証しているとした。

 また大多氏は「入居時に出演者と誓約書があるのは事実」とした。大多氏によると、制作に関しフジテレビ、イースト社、出演者(ある場合は所属事務所)で契約を交わしており、出演者の不祥事などで放送が中止になった場合、出演者が損害賠償を負うなどの内容の誓約書も交わされていたという。ただ大多氏は「一部報道にあるような、スタッフが『ビンタをしろ』と指示したという事実は出てきておりません。感情表現をねじ曲げるような指示、無理強いはしていない。番組卒業の時期も相談しながらアドバイスしていた」と説明した。

 木村さんは同居男性とのトラブルで憤ったシーンが3月31日にネットフリックスで配信、5月18日にフジテレビで放送された。同23日未明に死去した。

 [2020年7月4日8時24分「nikkansports.com」]より
 出演していた木村花がSNS上で誹謗中傷を受けたことで自殺、番組打ち切りという事態をもたらしたフジテレビ系の「テラスハウス」、そのテラスハウスについて出演者と誓約書を交わしていたという事実が明るみとなったけど、その内容がとんでもないものだったようです。

 それは出演者が不祥事を起こして放送できなくなったらその出演者が損害賠償をする。スタッフからの演出には一切従う。というもので、完全に出演者のことを考えていない。スタッフに都合のいい内容だったことを考えたら明らかに倫理などあったもんじゃない。
 木村は正直スタッフからの無茶ぶりによってあんな演技をしてしまい、視聴者に不快感を持たれてSNSでさんざん誹謗中傷を受けてしまい精神的に苦痛を受けてこうなったと思うと、木村はテラスハウスのスタッフのエゴの犠牲者かも知れません。

 結局テラスハウスのスタッフは番組が盛り上がればいい、誰かに汚れ役をやってもらうのは当然と見て木村にあんな演技を強要させたと思えば、視聴率のことしか考えないもいいところだ。まして出演者に対するアフターケアすらしないんだから精神的に追い込まれるのは当然ではなかろうか。
 一部報道による過剰演出疑惑についてスタッフが指示していないと否定してるけど、どうも胡散臭い。

 それと今回のテラスハウスの事件についてBPO(放送倫理・番組向上機構)は審議入りしてもよかったんじゃとも思うね。

theme : まぢかよ!?
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード