FC2ブログ

目的はやはりプーチン「続投」

 権力に固執したいが為に憲法を改正するのは国民よりも自分が大事としか思えませんが・・・。

引用

露改憲、成立確実 7割超が賛成票 プーチン氏続投に道

【モスクワ=小野田雄一】ロシア全国で1日、プーチン大統領の続投を可能にする憲法改正の是非を問う国民投票が行われ、開票作業が進められている。露中央選管によると、開票率80%時点での賛成率は77%超に上り、投票者の過半数の賛成を条件とする改憲の成立は確実な情勢だ。投票率は約65%。新憲法は既に議会などでの承認手続きを終えており、投票結果の確定次第、速やかに発効される見通し。

 旧憲法は大統領任期(1期6年)を「連続2期まで」と制限しており、現在連続2期目(通算4期目)のプーチン氏は2024年の次期大統領選には出馬できなかった。しかし新憲法は、大統領の任期制限を「最大2期まで」に変更する一方、旧憲法下での大統領経験者の過去の任期数を帳消しにする規定が盛り込まれた。これによりプーチン氏は次期大統領選への出馬が可能になった。

 仮にプーチン氏が24年の大統領選に出馬して勝利すれば、36年まで最大2期12年にわたり再び大統領を務められる。プーチン氏は24年の出馬の可能性を否定しない一方、「まだ何も決めていない」と述べている。

 新憲法は大統領経験者への不逮捕特権や退任後の終身上院議員資格の付与など、大統領の権限を強める内容。領土の割譲を原則的に禁じる条項も新設され、日露間の北方領土帰属交渉への悪影響が懸念されている。結婚は男女の結びつき▽神への信仰▽祖先の偉業への追憶-など、ロシアの保守的価値観を強調する記述も盛り込まれた。

 露中央選管によると、1週間の期日前投票期間中に有権者の約55%が投票。今回の国民投票では、これまでの選挙では試験段階にとどまっていた電子投票がモスクワなど一部地域で正式実施された。

 最終更新:7/2(木) 8:11 「産経新聞」より
 大統領任期が連続2期(1期6年で最長12年)までとなっているロシアの憲法、現在連続2期目のウラジミール・プーチン大統領は現行だと2024年の大統領選挙に出馬できないのだが、最大2期までに大統領任期を変えるべく憲法改正の是非を当国民投票がロシア全土で実施され、開票率80パーセント時点で賛成が77パーセントと改憲に前進しているみたいです。

 2024年の大統領選挙に出馬した際に勝利すれば2036年まで大統領職を務めることとなるプーチン大統領、ここまで来ると完全に王朝というか独裁路線まっしぐらです。当のプーチン大統領は出馬について決めていないと述べているが、自らの大統領職への固執目的で憲法を改正するだけに出馬しそうな気もするんだが・・・!?

 大統領退任後に大統領経験者の不逮捕特権、退任後の就寝上院議員資格保持、大統領権限を強める内容など旧ソ連さながらの権威主義的なものにしようとしているプーチン大統領、香港の自治を事実上反故にする中国とは違うが、自身の権力の為なら法律や憲法を都合のいいように変えるのって改悪に等しいんじゃないの?
 ツァーリズムの時代から強権体質は変わらないロシア、それと今回の憲法改正には領土の割譲を禁じる条項も載っており、北方領土問題に悪影響が出かねないし、またクリミア半島問題でも同じことが言える。

 自らの大統領職続投目的で改憲に動いたプーチン大統領、自分の権力欲と保身の為だけに憲法を変えるのは権力の暴走でしかない。今回の改憲について反プーチン派は抗議の声を挙げないのか? 疑問でしかない。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード