FC2ブログ

国家の日(スロベニア・クロアチア)

 本日6月25日は東ヨーロッパのスロベニアクロアチア「国家の日」という祝日ですが、なぜこの日がそうなのかは今から29年前の今日1991年6月25日にスロベニア・クロアチアが当時のユーゴスラビア連邦から分離独立を宣言したことでそれを記念して祝日となっています。

 第2次大戦後セルビア主導で連邦国家となったユーゴスラビア、7つの国境・6つの共和国・5つの民族・4つの言語・3つの宗教・2つの文字・1つの国家と形容された多民族・多言語・多宗教国家として歩んだわけだが、1980年に国家をまとめていたヨシップ・ブロズ・チトーが亡くなると各地で民族主義が復活、セルビア主体の政治体制に対してクロアチアから不満が高まり、またセルビアも自分たちの影響力が削がれると危機感を持つようになったり、また経済的に発展しているスロベニアとクロアチアは未だ共産主義的な体制への不満を顕にしたり、経済的に遅れた地域は共産主義でないことへの不満から民族・経済的な理由も相まって連邦制はぐらつくのだった。

 それでも連邦維持の為にスロベニアとクロアチアは連邦の権限を強くする一方で、各共和国の連邦内の自治権を保障しろ、国家連合への移行を認めろなど訴えるも、セルビアとモンテネグロがこれを拒否、これによりスロベニアとクロアチアはユーゴスラビア連邦から離脱して自分たちの独立国家を持つ! と反目するようになった。
 とはいえ豊かなスロベニアやクロアチアにすれば、貧しいセルビアの言いなりになることに我慢がならなかったことから今まで溜まっていた不満が爆発するきっかけになったと推測します。

 そして1991年6月25日にスロベニアとクロアチアがユーゴスラビア連邦からの分離独立を宣言、ドイツがEC(ヨーロッパ共同体)を押し切ってスロベニアとクロアチアの独立を承認したことで独立国家となったのでした。とはいえドイツが独断でスロベニアとクロアチアの独立をゴリ押ししたのは、ユーゴ国内がキナ臭くなったことでだったら独立を承認すれば戦争にならないとして単独承認に踏み切ったものの、ドイツの目論見は後から考えたら的外れだったと言いたくなる。
 なぜ的外れか? スロベニアは独立宣言後にセルビア主体のユーゴ連邦軍と交戦したものの10日間で集結、逆にクロアチアは長期化して泥沼化の事態を招いた上に、その後のボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争はさらに長期化して泥沼化したことから、連邦内の国家が独立を宣言すれば戦争にならないという考えはあまりにも稚拙だったし、後年のチェコとスロバキアのようにはならなかったと思う。

 スロベニアはセルビアと国境を接していない為にあっさり紛争は終わったものの、クロアチアはセルビアと国境を接している上に同国内のセルビア人も巻き込む形で悲惨な紛争となった。

 真っ先にユーゴ連邦から独立を宣言したスロベニアとクロアチア、独立について前者は早期収束、後者は悲惨な結末という両極端なもので改めて独立国家として再出発したわけだが、両国ともその後はEU(ヨーロッパ連合)に加盟したりで現在に至っています。

theme : 歴史雑学
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード