FC2ブログ

またもグルジアに対する攻撃か!?

 北京オリンピック期間中に軍事衝突したグルジアとロシア、その後EU(ヨーロッパ連合)による仲介で何とか停戦しましたが、また紛争か!?と思いかねない事件があったようです。

引用

グルジア大統領らの車列に銃撃=ロシア軍は発砲否定-南オセチア付近

【モスクワ23日時事】グルジアからの報道によると、サーカシビリ大統領とポーランドのカチンスキ大統領が23日、視察先に向かうため南オセチア自治州近くを車列で走行中、何者かが車列に向け銃撃を行った。負傷者はなかったが、グルジア政府は現地のロシア軍検問所から銃撃があったと主張、ロシア軍側は否定している。
 サーカシビリ大統領は「欧州連合(EU)が仲介した和平合意に対する違反だ」とロシア軍を非難した。グルジア側によると、銃撃があったのは同自治州東部のアハルゴリ地区付近。ただ、車列を直接狙ったものかどうかは不明だ。
 カチンスキ大統領はグルジアの「バラ革命」5周年を祝うため同国を訪問していた。
(2008/11/24-05:33)「時事ドットコム」より
 どうやらロシア軍による犯行だとグルジア政府は主張してますがロシア側はこれを否定、それに対しサーカシビリ大統領は「和平合意を破る行為だ」と改めてロシアを非難しました。

 ウクライナに続いて今度はグルジアの大統領を狙った!?ロシアのこの行為ははっきり言って「我々のやり方に異を唱えるものは誰であれ抹殺する」と言う一種のテロですよ。
 同行していたポーランドのカチンスキ大統領は思わぬ巻き添えを喰らったかも知れませんが、もしカチンスキ大統領も狙ったものであればポーランド国内で反ロシアデモが起こりかねないかもしれませんねェ・・・、かつてのウクライナのユーシェンコ大統領もそうだが、ロシアはそこまでサーカシビリ大統領を抹殺したいのだろうか。

 この事件ですが、またもロシアによるグルジアに対する攻撃ではないでしょうか? グルジア国内で反ロシア感情がまた起こるかもしれませんねェ・・・。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード