FC2ブログ

加藤厚労相、ダイヤモンド・プリンセス号批判をどう思うか

 事態をさらにややこしくしているのに、問題を把握っていうか深刻に捉えていないんでしょうか?
 ダイヤモンド・プリンセス号の対応のまずさで批判の火に油を注ぐことをしといて。

引用

加藤厚労相、批判に反論「船内、専門家チーム入り業務指摘」

 加藤勝信厚生労働相は20日の衆院予算委員会で、新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」内の感染防止策について、適切な対応を取っているとの認識を改めて示した。「感染症の専門家チームに入ってもらい、オペレーションについて指摘してもらっている」と述べた。

 クルーズ船内に入った神戸大の岩田健太郎教授が、ウイルスがない安全な区域と危険な区域を区別していないなど感染防止が徹底されていないと、18日にインターネット上に公開した動画で批判したことに反論した形だ。

 ■「洋上の船、管轄権明確でない」

 加藤氏は、船内でウイルスに汚染された危険区域と、安全な区域を区別する措置を実施していたと強調。乗組員に対しても、ウイルス検査で陽性だった人や発症した人との濃厚接触者らには業務を外れてもらったことを説明した。菅義偉官房長官も記者会見で「感染管理の専門家が常駐している」と述べた。

 国際法には公海上の船舶の保護は船籍国の責任で行うべきだとする考え方があり、クルーズ船の船籍国の英国が対処すべきだとの指摘もある。加藤氏は予算委で「洋上にある船に誰がどういうふうに管轄権を持つか明確になっていない」と述べ、整理する必要性を指摘した。

 また、加藤氏は、岩田氏について「災害派遣医療チーム(DMAT)の業務に従事する約束で18日の午後3時すぎに乗船してもらったが、業務を適切にしてもらえなかったため午後5時すぎに下船してもらった」と説明した。

 ■岩田氏「投稿は役割果たした」

 一方、岩田氏は20日、日本外国特派員協会で記者会見した。岩田氏は、同日朝に動画を削除。会見では、動画を削除した理由について「船内のゾーニング(区域設定)が改善したと聞いた。(船内の感染に関する)データも公表され、私の投稿は役割を果たしたと考えた」と説明。ゾーニングが改善したと考える根拠を問われると、「そういう情報を得た」と述べた。

 菅氏は岩田氏の動画が削除されたことに関し政府の関与を否定した。

 最終更新:2/21(金) 7:10 「産経新聞」より
 新型コロナウイルスの集団感染に歯止めがかからないダイヤモンド・プリンセス号について、20日の衆議院予算委員会にて適切な対応を取っているとの見解を示した加藤勝信厚生労働相、正直コレが適切な対応かと思うと正直言って首を傾げざるを得ません。

「洋上にある船に誰がどういうふうに管轄権を持つか明確になっていない」と、国際法では公海上の船舶の保護は船舶国が責任を負うものでダイヤモンド・プリンセス号の船籍はイギリスということからイギリスが責任を負うべきだと言う意見もあるが、これでは❝丸投げ❞でしかありません。今ダイヤモンド・プリンセス号は横浜港に停泊したまんまだから日本で処理しなければいけない問題だと思うが。

 それと神戸大学の教授が感染防止が徹底されていないという動画投稿が問題となって、削除に追い込まれた問題について政府は一切関わっていないと言ってますが、こんなつまらない揉め事で余計事態をややこしくしないでほしいわ。新型コロナウイルスを政争の道具に使われたんじゃふざけるのもいい加減にしろと言いたくなる。

 さらに今回の対応は国外から相当批判されてるけど、適切な対応をしてますって現場の状況も知らんでただ自分の思いつきだけでことを見ている加藤厚労相のこの対応は適当過ぎます。
 新型コロナウイルス肺炎対策及びダイヤモンド・プリンセス号対応がいい加減なこの状況、いかがなものか。政府が適当な対応をするせいで国外から批判されてる現実を重く見るべきです。

theme : このままで、いいのか日本
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード