FC2ブログ

何やってんだか・・・!? U-23代表

 東京オリンピックを前に不安な船出です・・・。

引用

U23日本代表 五輪イヤー連敗で史上初1次L敗退…森保監督の進退問題も浮上

 U―23日本代表は1次リーグB組第2戦でシリアに1―2で敗れて2連敗となり、出場4度目で初の1次リーグ敗退が決まった。9日のサウジアラビア戦から中2日で先発6人を入れ替え。前半30分にMF相馬勇紀(22)が同点弾を挙げたが、終盤に決勝点を許した。15日に1次リーグ最終戦カタール戦を残すが、森保一監督(51)の進退問題も避けられない状況となった。

 森保ジャパンが屈辱的な結末を迎えた。1―1で迎えた後半43分、自陣でボールを奪われると一気にシリアの逆襲を食らう。最後は相手FWダリにDF岡崎が競り負け、あまりにもあっさりと決勝ゴールを献上した。2連敗で1次リーグ敗退。U―23アジア選手権では史上初めて決勝トーナメント進出を逃す結果となった。

 森保一監督の進退問題も避けられない状況となった。試合後、日本協会の田嶋会長には「東京五輪も森保監督に任せますか?」との質問も飛んだ。「基本的な考えでは…。(技術委員会の)関塚委員長がどう考えるか聞いてから。まず技術委員会でしっかり話してもらいたい」と話し、続投に対する明確な回答は避けた。

 負ければ1次リーグ敗退が決まるシリア戦には第1戦のサウジアラビア戦から先発6人を変更した。だが開催国の日本以外は五輪切符が懸かっている今大会。目の色を変えてボールに迫る中東勢との間では球際でモチベーションの差が出た。MF相馬は「相手は点を取った後、泣いてうずくまっていた。懸けているものが違う」と言った。

 今大会の目標を森保監督は選手たち自身に決めさせた。選手はGK小島を中心に4日に自分たちでミーティングを行い「優勝」と目標を定めた。ただそれ以降、開かれることはなかった。試合後、森保監督は「勝負強さという部分を詰めていかないといけない。勝負勘を若い選手が培っていってもらいたい」と話した。

 五輪世代は常に急造チーム。近年、海外組が増え、その傾向は増した。17年12月の初陣から延べ75人を招集。一方で開催国で五輪予選がない分、他国より有利なはずのこの時期に差し掛かっても熟成に入れていないのが現状だ。五輪開幕まで約7カ月。金メダルを目標に掲げるチームがアジア勢に2連敗、指揮官の処遇にも暗雲が垂れ込める危機的状況となった。

 [ 2020年1月13日 05:30「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
 U-23アジア選手権に出場しているU-23日本代表、1次リーグの初戦でサウジアラビアに敗れていきなり後がなくなったU-23日本代表、次のシリア戦では勝つしかない危機的な状況だったものの、そのシリア相手に1-2で敗れてしまい、あっけなく1次リーグで敗退するという憂き目に遭ったようです・・・。

 前の試合では同点の場面であろうことかバックパスして相手に拾われて勝ち越しゴールに繋がる凡ミスをやらかし、考えられない負けに終わった反省を生かすべきだと思ったが、シリア戦でも後半に自陣でボールを取られて勝ち越しゴールを許すという結果には、前回の反省を全く生かしていないと思うし、何を学んだんだかとも思います。

 この不甲斐ない結果に森保一監督の進退問題にもなりかねないが、試合後に「勝負強さという部分を詰めていかないといけない。勝負勘を若い選手が培っていってもらいたい」とコメントしたけど、東京オリンピックに向けた大事な❝予行❞練習の場でこの結果では話にならないし、アジアで勝てないようではメダルなど無理です。初めて決勝トーナメントに進めなかったという惨めな結果に、JFA(日本サッカー協会)はこの現実を重く見るべきです。それと森保監督がA代表及びU-23代表を兼任するというのって、中途半端としか言えないし、U-23代表の監督は別の人がやるべきなんじゃないのとも思います。それとJFAの田嶋会長は責任取れ!!

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード