FC2ブログ

ウクライナ機撃墜を謝罪したイランだが

 他国の民間機を撃墜するという愚行をやらかしちゃいました・・・。

引用

「悲劇、許されない過ち」イラン大統領、撃墜認める

【カイロ=佐藤貴生】イランの首都テヘランで8日に墜落したウクライナの旅客機について、イラン国営テレビは11日、誤って撃墜したことを認める軍当局の声明を発表した。旅客機が革命防衛隊の施設の近くを飛行したために起きた「人的ミス」で、撃墜の意図はなかったとしている。

 ロウハニ大統領はツイッターに「大きな悲劇で許されない過ちだ」と投稿し、「深い哀悼」の意を表明した。イラン側が撃墜を認めたことで、国際社会を巻き込んだ問題は収束に向かう見通しとなった。

 撃墜されたのはウクライナ国際航空のキエフ行きボーイング737-800型機で、現地時間の8日早朝にイランの首都テヘランの空港を離陸した直後に墜落、乗員乗客176人全員が死亡した。

 カナダのトルドー首相は9日、同盟国など複数の情報機関の分析として「イランから地対空ミサイルが発射され、撃ち落とされたことを示す証拠がある」と述べ、原因究明を要求。トランプ米大統領も「誰かが間違いを犯した可能性がある」と撃墜の可能性を示唆していた。欧米の疑念が強まるなか、イラン側は「イランに対する心理戦だ」などと関与を否定していた。

 イランは革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官が米軍に殺害された報復として、旅客機墜落の約5時間前の8日未明にイラク駐留米軍を弾道ミサイルで攻撃。当時、イランは米軍による反撃に警戒を強めていた。

 墜落現場を取材した米メディアは、機体の破片が撤去されているなどとして、イラン側が証拠隠滅を図っている可能性を指摘していた。

 最終更新:1/11(土) 14:35 「産経新聞」より
 イランの首都・テヘランを出発したウクライナの旅客機が離陸してすぐに墜落した事故は、イラン軍によるミサイル発射が原因で起こったことでイランに対する風当たりが厳しくなったわけだが、この事故を受けてハッサン・ロウハニ大統領はツイッターで「大きな悲劇で許されない過ちだ」と事故の犠牲者に哀悼の意を示し、軍による誤射だったと謝罪したけど、謝罪したところでイランに対する不信感が消えたわけではありません。

 その上ロウハニ大統領以下イラン政府は「アメリカによる覇権主義が起こした人為的なミス」といかにもアメリカが悪い的な姿勢を取ったんだから、まるで韓国と同様自分たちに非はない的な態度で余計国際社会を怒らせるだけです。
 ましてやこの事故で自国民が犠牲になってんだから、それで他国のせいにしてやり過ごすなんて考えは下らな過ぎます。イランは韓国と違って責任転嫁なんて下らない考えを持っていないはずだが・・・!?

 カナダやウクライナとの関係をこじらせかねないことをしたイラン、旅客機撃墜という愚行をやらかしてそれを謝罪してもこんな態度じゃ謝罪にならないし、イラン政府は自分で自分の首を絞めたとしか思えません。おそらくカナダとウクライナではイラン大使館前で今回の事故でのイラン政府の対応に対する抗議デモが起こってもおかしくないです。

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

これが韓国だったら?

この事件を他の国に置き換えてみましょう。どういう展開になるか。撃墜された航空機は日韓以外の東南アジア国。この航空機には日本人も多数乗っていた。ソウルの仁川空港を離陸した旅客機がミサイルで撃墜された。日本はすぐさま韓国に対し、「韓国国内からミサイルが発射されたという情報をもっている」と声明をだした。韓国は、言いがかりだと反発。後日、韓国軍が勘違いして撃墜したことを認める。記者発表の席上、「日ごろから東海海上で韓国の航空機が、日本の艦船や航空機からレーダ照射されていた。当該機も離陸直後にレーダを照射されていた。威嚇のつもりでミサイルを発射したが誤って当該機を撃墜した。原因の一端は日本にもある。」と、こうなるんでしょうね。

Re: これが韓国だったら?

 働きアリンコ様

 コメントありがとうございます。

 確かにこれが韓国ならすぐに「日本が悪い」なんて騒ぐのがオチだし、日本を巻き込んで自分たちに非がないなんて言い出しそうでタチが悪いです。
 イランは自国に停まっている他国の旅客機を撃墜するというとんでもない行為に及んだわけで、ましてや自国民も犠牲になっているわけだから、イラン国民はこればかりはアメリカを非難するよりイラン政府に非難の矛先を向けるでしょうね。自国の間違いを認めず他国に責任があるという見解は的外れにも程があります。
プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード