FC2ブログ

安倍総理が「予定」通り中東歴訪へ

 アメリカとイランの緊張状態もあって危険視されたけど、安倍晋三総理にできることはやはり・・・!!

引用

首相の中東歴訪を発表 予定通り訪問へ 11日からサウジ、UAE、オマーン

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は10日午前の記者会見で、安倍晋三首相が11日から15日までの日程でサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーンの3カ国を訪問すると発表した。

 菅氏は「中東情勢が緊迫の度を高める中、事態のさらなるエスカレーションを避けるため、地域の緊張緩和と情勢の安定化に重要な役割を果たす3カ国と意見交換を行う」と述べた。

 また、海上自衛隊の中東派遣についても「首相の各国訪問の機会をとらえて改めて説明したい」と語り、派遣への理解を求めていく考えを示した。

 首相の中東訪問をめぐっては、米軍によるイラン革命防衛隊の司令官殺害や、イランによるイラク駐留米軍への弾道ミサイル攻撃によって緊張が高まったことから、政府内で一時、慎重論が浮上していた。

 だが、首相が中東訪問への強い意欲を示していたこと加え、トランプ米大統領が「軍事的報復はしない」と表明するなど、米、イラン両国が互いに自省的な対応を取っていることから、当初の予定通り訪問する方向に傾いた。

 菅氏は訪問を決定した経緯について「現地の情勢を見極めたうえで、訪問の意義も踏まえて判断した」と説明した。

 最終更新:1/10(金) 13:43 「産経新聞」より
 年明け早々中東を訪問する予定だった安倍総理だが、ここに来てアメリカとイランの緊張状態となってか政府内で慎重論が出たけど、こういう時だからこそ中東諸国を訪問して首脳レベルの会談をやってこの状況を収拾したいという安倍総理の意見を尊重して、予定通り歴訪するみたいです。ここで中止じゃ日本はこの問題で置いてけぼりを喰らうだけですからね。

 ただ昨年イランを電撃訪問してハッサン・ロウハニ大統領と会談したはいいが❝空振り❞同然だった結果を踏まえて、今回ばかりは結果を残してほしいです。
 今はアメリカとイランがお互いに自省的な対応を取っており、状況が収拾した今だからこそ会談することで事態の打開につながると安倍総理は読んでますが、その読みが当たればいい話なのだが。

 イラン問題において日本にできることは何かを考えることだが、親日国であるイランへの配慮という部分も考えたら難しい問題ではあれど、ハッキリと日本の立場を主張することが大事です。それとホルムズ海峡に自衛隊を派遣するに当たり、現地の理解を得なければ話になりませんからね。

theme : 安倍晋三
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

こんばんは!

拝読いたしました。最後のところ→ハッキリと日本の立場を主張することが大事< まったくそのとおりだと思います。これからも中東・イスラム圏のニュース分析よろしくお願いいたします。

それにしても、イランのウクライナの民間機撃墜は、お粗末でした。

Re: こんばんは!

 Gくん様

 コメントありがとうございます。

 アメリカとイランの緊張状態について日本に出来ることは何か? 日本の立場をハッキリ主張することこそ正しいと指摘したし、自衛隊を派遣することを決めるなどこの問題に積極的に動いてますから、静観ではなく行動を決めたことも正しいことです。

 ウクライナ機撃墜という愚行をやらかしたイラン、イランにすればますます国際社会における立場を悪くしたと思うが、ウクライナ機撃墜を謝罪してもアメリカのせいにしてやり過ごすという責任転嫁に走ったことで余計そうかも知れません。

 当ブログでは中東情勢も取り扱ってますので、何か話題があれば積極的に取り上げるつもりです。
プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード