FC2ブログ

二転三転する入試改革

萩生田光一文部科学相の「身の丈」発言の影響か、ここにも問題が飛び火してるみたいです。

引用

懸念拭えず、不備露呈 記述式、与党から政府に延期圧力 大学入試改革

 政府が大学入学共通テストへの国語と数学の記述式問題導入を延期する検討に入った。

 採点の公平性をどう担保するかなどの懸念が拭えず、与党から先送りを求める声が強まったためだ。ただ、英語民間試験に続く見直しは準備不足を露呈させた形で、野党は「制度の矛盾を政府自身が認めざるを得なくなった」と勢いづいている。

 菅義偉官房長官は5日の記者会見で「文部科学省で課題解消に向け努力している。受験生が安心して受験できることを第一に対応していく」と述べた。自民党幹部は「延期せざるを得ないだろう」と語った。

 英語民間試験の導入見送りを決めた11月1日以降、記述式試験についても採点基準の不透明さなど問題点が次々と浮上。主要野党は導入を中止する独自法案を提出するなど批判を強めた。

 こうした状況を踏まえ、政府は採点業務を請け負う民間業者に対し、来年度の導入が本当に可能かどうか、年内に回答するよう要請。延期した場合の影響も含め、水面下で検討を進めてきた。

 公明党の斉藤鉄夫幹事長は5日、萩生田光一文科相を同省に訪ね、来年度の導入延期を要請。萩生田氏は言質を与えなかったものの、公明党幹部は「目が真剣だった。延期の雰囲気は感じた」と満足げに語った。

 自民党側は当初、「業者から返答がない段階で延期を決めたら契約不履行になる」(幹部)と、訴訟リスクを勘案して予定通りの実施を求める声が強かった。ただ、学校現場から広がる見直し圧力に、文科部会は5日、「受験生や家族の不安が高まっている」として適正な実施を求める決議をまとめ、6日にも政府に申し入れることを決めた。

 野党は攻勢を強める構えだ。共産党の小池晃書記局長は会見で「公平性が全く担保されない試験だ、と中止を求めてきた野党の声に、政府も応えざるを得なくなった」と強調した。

 最終更新:12/6(金) 9:32 「時事ドットコム」より
大学入試共通テストへの国語と数学の記述式問題導入を延期する方針を取った政府与党、採点の公平さが保証できないという与党内からの批判を受けてのことだが、英語民間試験に続いて入試改革の見直しを余儀なくされたことには、入試改革が二転三転しているとしか思えないし、文部科学省が深く考えずにその場のノリだけで決めたことがこうなったんじゃと思います。

採点の公平性が保証できない。確かに民間業者に委託したところで新たな問題が出てくることは避けられない、記述式にしたところでも採点者によって合否が左右されるだけに、これも公平さが問われます。

それとセンター試験から共通試験に変更したところで入試改革と言えるんですか? 受験生やその親、学校に取っちゃ政府というか文部科学省の二転三転のせいで振り回されてるとしか思えないし、これも世論に説明せず自分たちだけで物事を決めるという独断以外の何物でもないが、また文部科学省は失点をしたとしか思えません。

それでまた野党に追及材料を与えた感じの与党、世間は「桜を見る会」問題でウンザリしてるのに、また与党のあら探しに国会運営が使われるんじゃ溜まったもんじゃありません。
受験生ファーストでなければいけない入試改革、文部閣僚及び族議員の実績作りの為にあるんじゃないんだよ!!

theme : このままで、いいのか日本
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード