FC2ブログ

これが児童虐待に当てはまるもの

「しつけ」と「虐待」の境界線はどこかという疑問の解決になるんでしょうかね?

引用

【独自】「長時間正座」「夕食与えず」親の体罰…厚労省検討会が指針案

 来年4月に施行される改正児童虐待防止法で、親による体罰が禁止されたことを受け、「体罰」の定義や具体例を示した厚生労働省有識者検討会の指針案の概要が2日、わかった。しつけとの違いを明記し、「長時間の正座」「夕食を与えない」などは体罰に当たるとする内容で、3日に開かれる有識者検討会に提示される。

 指針案では、「たとえ親がしつけのためだと思っても、子供の身体に何らかの苦痛を引き起こす行為は、どんなに軽くても体罰である」と定義。その上で、「宿題をしなかったので夕飯を与えない」「他人のものを盗んだので罰として尻をたたいた」などは体罰に当たると例示した。

 一方、しつけとは「子供の人格や才能などを伸ばし、社会のルールを身につけさせる行為」と説明。「道路に飛び出しそうな子供の手をつかんで保護する」「ほかの子供に暴力を振るうのを制止する」など、罰を目的としないものは、体罰に当たらないとした。過去に起きた児童虐待事件では、親が「しつけ」と称して体罰をふるったとされる例が目立つ。

 厚労省は有識者検討会の意見を踏まえ、今年度内に指針をまとめる。

◇指針案に盛り込まれる「親の体罰」の例

・尻をたたく

・殴る

・長時間の正座をさせる

・夕飯を与えない

※いずれも理由を問わず禁止

 最終更新:12/3(火) 7:18 「読売新聞」より
来年4月に施行される改正児童虐待防止法において親による体罰の禁止が明記されたけど、ここで出た疑問として「『しつけ』と『体罰』の境界線は何か」だけど、暴力及び精神的な苦痛をもたらす行為は体罰に当たるとして厚生労働省は定義したみたいです。

「たとえ親がしつけのためだと思っても、子供の身体に何らかの苦痛を引き起こす行為は、どんなに軽くても体罰である」として、宿題をやらなかったから飯抜きだとか、人のものを盗んだから罰として尻叩きとかは体罰だって言うけど、しつけと称した暴力は一切認めないって理屈に取れます。過去の児童虐待事件を見て思うこととして「しつけの為」として正当化するアホ親がいたように、こんなのはしつけじゃない、一方的な暴力でありハラスメントでしかありません。そもそも子供に平然と熱湯をかけたりエアガンを撃つような無神経な行動を平然とする奴が親になれるような社会もどうかしてます。これには人間教育を軽視した社会の責任だが。

どっちみち、親になる以上は精神的に大人にならなければいけないのに、そうじゃない者が親になるような社会が問題なのだ。望まない妊娠による赤ちゃんの遺棄だってまたしかり。

とにかく、子供に対する一方的な暴力は許さないという意識を社会が改めて身に着けねばならないことは当然のことです。暴力を必要悪なんて見なすその神経が日本は人権意識が低いって言われる要因なんじゃないの? 後は児童相談所の権限強化や児童保護局なる施設を作ったりすることも大事だ。それと、子供が悪いことをしたら殴られて当たり前なんて考えは昭和な価値観だと今となっちゃ思うね。

theme : 社会問題
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード