FC2ブログ

元助役にモノが言えず・・・。機能不全な福井県

関西電力とどっこいどっこいな気がします。

引用

金品受領「福井県は組織的対応せず」…過剰配慮の構図、関電と同じ

 関西電力の役員らが福井県高浜町の元助役森山栄治氏(故人)から多額の金品を受領していた問題で、100人を超える県職員も森山氏から金品を受け取っていたことが明らかになった。現金、小判、ワイシャツ仕立券……。森山氏に過剰に配慮し、毅然(きぜん)と対応できなかった構図は関電と同じだった。

 「個人として対応すべき問題と職員が考え、組織的な対応がされていなかった」。県が設置した調査委員会の藤井健夫委員長は21日夕、県庁で記者会見を開き、問題の背景をこう指摘した。

 報告書によると、森山氏から県職員への金品提供は20年以上前から行われていた。森山氏は県の客員人権研究員を長年務め、職員の間で「人権問題を熟知し、行政の内容にも通じている第一人者」と評される一方、「感情の起伏が激しく、対応に気をつかう必要がある人物」とも認識されていたという。

 金品受領を認めた職員やOB109人のうち、特に多かったのが人権問題や人権教育を所管する健康福祉部や教育庁の職員だ。就任時などに森山氏のところにあいさつに出向き、その際の昼食や夕食の代金は森山氏が支払うことが多かったという。

 戒告の懲戒処分を受けた健康福祉部の課長級(当時)職員は森山氏から商品券10万円と純金の小判1枚(10万円相当)を渡され、その場で返却しようとしたが、森山氏が反発。翌日に電話で返却を申し出ても強く断られたため、そのまま受け取ったという。菓子の下に商品券2万円が入っていたと証言した職員もいた。ある県幹部は「職員は森山氏の機嫌を損ねたくないだけだったかもしれないが、気のゆるみがあったと言わざるを得ない」と話した。

 調査報告書を受け、県の近松茂弘総務部長は記者会見し、「このような事態になり申し訳ない。県民にも心からおわび申し上げる」と陳謝した。

 関西電力は21日、「福井県の調査結果について当社としてお答えする立場にないが、二度と問題を発生させないよう、今回の事態の根本原因を徹底的にあぶり出すために、(金品受領問題の再調査のために設置した関電の)第三者委員会の調査に、真摯(しんし)に対応して参りたい」とのコメントを出した。

 最終更新:11/22(金) 7:52 「読売新聞」より
関西電力の社長などが福井県高浜町の元助役から多額の金品を受け取っていた問題では、関西電力の組織としての体を疑いたくなるものだけど、その元助役から福井県の職員100人超が金品を受け取っていたことも発覚したと言いますから、関西電力のみならず福井県もこの元助役に配慮していけないことと知りながら金品を受け取ってたって、いわば「共犯」です。

変にこの元助役に忖度して異を唱えなかったから、関西電力と同類にされた福井県、原発というエネルギー利権を悪用した元助役のやりたい放題を放置してあまつさえその元助役から多額の金品を受け取ってたってのは、いわば「買収」的なものでクリーンさなどあったもんじゃありません。即ち組織としての体などあったもんじゃありません。

元助役が関西電力や県職員にバラまいた金の資金源はどこにあるのかと問いたくなるし、これが福井県民の税金だったら税金をドブに捨てるようなもったいないを通り越した大それた行為です。
「このような事態になり申し訳ない。県民にも心からおわび申し上げる」と県の総務部長は陳謝したけど、県民にすれば「俺たちの税金でこんなやりたい放題をしていたのか!? ふざけるな!!」って怒りたくもなるでしょう。

元助役が死んでる為断罪できないが、断罪すべきは福井県でしょう。金品を受け取った職員は明らかに贈賄罪に抵触してます。権威主義の限りを尽くした元助役の行為は100パーセント許されないが、その元助役の行為に待ったをかけなかった福井県もまた許されるもんじゃない。元助役の存命中に当時の福井県知事は何もしなかったんですか!?

theme : まぢかよ!?
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード