FC2ブログ

民主党テレビ討論会inアトランタ

日本の立憲民主党などはどうでもいい話題に熱心ですが、同じ民主党でも何でこうもレベルが異なるのかとすら思います。

引用

民主党、主要10候補が論戦 第5回テレビ討論会 米大統領選

【アトランタ時事】来年11月の米大統領選に向け、民主党の第5回テレビ討論会が20日、南部ジョージア州アトランタで行われた。

 大統領選まで1年を切った中で初めて行われる討論会では、依然として世論調査支持率でリードするバイデン前副大統領(77)に対し、後を追うウォーレン上院議員(70)らが論戦を挑んだ。

 討論会には前回より2人少ない10候補が出席。ウォーレン氏やサンダース上院議員(78)は国民皆保険制度や富裕層への増税を提案し、広がる格差に不満を持つ若者を中心に支持を拡大してきた。だが、バイデン氏らは公的医療保険を全国民に拡大する際の財源を追及し、実現性に疑問を投げ掛ける。

 民主党の指名獲得争いは左派のウォーレン、サンダース両氏と中道寄りのバイデン氏がにらみ合う構図。だが、同じく中道派のブティジェッジ・サウスベンド市長(37)が支持率を伸ばしており、バイデン氏がブティジェッジ氏を意識して議論する場面もありそうだ。

 最終更新:11/21(木) 13:04 「時事ドットコム」より
来年の今頃は大統領選挙となるアメリカ、ドナルド・トランプ大統領の再選か民主党が勝利するのかに注目が集まりますが、その民主党は20日にジョージア州・アトランタで第5回のテレビ討論会を行ったようです。

大統領選挙まで後1年、各候補者ともに支持固めに走りたいけど、現在世論調査でトップを走るジョー・バイデン前副大統領エリザベス・ウォーレン氏やバーニー・サンダース上院議員が追う展開ですが、テレビ討論会と言う場は重要なだけにお互い火花をちらしてたみたいです。

国民皆保険制度や富裕層への増税を訴えるウォーレン氏やサンダース上院議員、激しい格差社会への抗議から若者層に支持を集めている両者だけど、オバマケアとは違った福祉政策を掲げることで支持集めというものの、バイデン副大統領にすれば「国民皆保険制度ってそんな金はどこにある?」って疑問でしかないが、そう言うとウォーレン氏やサンダース上院議員から「富裕層への増税及び我々議員が身を削ればいい」って反論しそうです。

こう見ると、アメリカの民主党は改めて国の行く末を案じてレベルの高い論戦を繰り広げてるけど、日本の野党はそれを見習えないのか!? 桜を見る会問題にうつつを抜かして国の問題や将来をほったらかすという無責任な姿勢を取って恥ずかしいと思わないのかよ!! と言いたくなります。
支持率では優位に立っているバイデン副大統領だけど、ウクライナ疑惑で渦中の人物となっていることがネックになっているような気がするんだが。

政治とはこういうレベルの高い論戦をすることが当たり前です。下らない、どうでもいいような話題で熱くなるような日本の野党は政治家ならぬ政治屋集団だと感じます。だから税金ドロボーと後ろ指を指されるんじゃねェのか?

theme : アメリカお家事情
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード