FC2ブログ

「ヨルダン川西岸地区への入植は『違法』じゃない」ってオイ!

相変わらずイスラエルびいきなアメリカです。

引用

トランプ米政権、イスラエルによるヨルダン川西岸地区への入植「国際法違反でない」 ネタニヤフ氏を後押しか

【ワシントン=黒瀬悦成】ポンペオ米国務長官は18日、国務省で記者会見し、イスラエルの占領地ヨルダン川西岸地区でのユダヤ人の入植活動について、「国際法に違反しない」と述べ、トランプ政権として容認する考えを明らかにした。入植を「違法」とみなしたオバマ前政権の政策を転換した。

 ポンペオ氏は政策転換の理由を「入植を国際法違反としてきた従来の政策は機能しなかった。中東和平の大義を促進させることはなかった」と説明した。

 トランプ政権は「親イスラエル」を明確に打ち出す立場から、2017年12月にエルサレムをイスラエルの首都に認定したほか、今年3月にはイスラエルが占領するゴラン高原について同国の主権を認定するなどしてきた。

 パレスチナ自治政府は西岸地区を、将来的に独立国家を樹立した際の領土と位置づける。パレスチナは、入植は国際法違反だと批判してきたが、イスラエルのネタニヤフ首相は4月の総選挙前に入植地を併合する考えを明らかにしている。

 ポンペオ氏は西岸地区への入植問題を「イスラエルとパレスチナが話し合いで解決すべきだ」としたが、イスラエルが米政権の決定を「入植容認」と受け止め、入植活動をさらに活発化させる可能性がある。

 イスラエルでは9月のやり直し総選挙を受け、野党のガンツ元軍参謀総長が組閣を目指しているが難航。20日が組閣の期限となるため、米政権の決定は新たな総選挙を想定し、入植推進派のネタニヤフ氏をテコ入れする思惑が込められているとの指摘も出ている。

 最終更新:11/19(火) 9:12 「産経新聞」より
エルサレムへの大使館移転、ゴラン高原の主権はイスラエルにありと露骨なイスラエルびいきを繰り返すアメリカのドナルド・トランプ政権、そんな中でマイク・ポンペオ国務長官が18日にイスラエルがヨルダン川西岸地区での入植活動を行っていることについて「国際法に違反しない」というイスラエルの行為を正当化するようなコメントを出したけど、入植を国際法に反するというパレスチナからの反発、それがどうしたと言わんばかりなイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は今年になって入植地を併合する姿勢を取っており、イスラエルとパレスチナの対立が蒸し返しそうなリスクがあります。

「イスラエルとパレスチナが話し合いで解決すべきだ」とポンペオ国務長官は当初対話による解決を求めたが、ここに来てイスラエルによる入植を認めるようなこの姿勢、やはりと言いますか、露骨なイスラエルびいきに転じたとしか思えません。
明らかに国際法に反しているのにそれを容認するような姿勢、これでは中国(チベットやウイグル)やロシア(クリミア半島及び北方領土)を非難したって巨大なブーメランになるだけです。

イスラエルによる占領を容認しといて他国の占領行為を非難するようでは典型的なダブル・スタンダードであり、アメリカってホントユダヤ・ロビーに冒されておかしくなっているから常にイスラエルの肩を持つんだろうな。これが国際社会から反発を食らっているのにそんなのお構いなしな姿勢を取る。トランプ政権のイスラエルに対する見方を見ていると今の韓国みたいだ(親北朝鮮路線のムン・ジェイン政権)。

theme : ここがヘンだよアメリカ
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード