FC2ブログ

あっさり失脚した東ドイツの独裁者

今年は東欧革命から30年という節目の年ですが、考えてみればあれがヨーロッパ近現代史におけるターニングポイントの一つなのは事実だけど、当時のこの国の状況というか進展もまた欠かせないものです。
それは東ドイツ(ドイツ民主共和国)で、分断国家故に社会主義のイデオロギーを拠にしてきたせいか、それに固執したせいで結果として国民に見放されたという末路を辿ったのは言うまでもないが、そのイデオロギーに固執し続けた独裁者が去ったことで一気に激変しました。
そんなわけで今から30年前の今日1989年10月18日は、東ドイツの独裁者エーリッヒ・ホーネッカー国家評議会議長が辞任。ていうか失脚した日です。

1980年代後半、ソ連ミハイル・ゴルバチョフ書記長ペレストロイカ(再構築)・グラスノスチ(情報公開)を相次いで行い行き詰まった共産主義対策を改革する動きを見せると、それに追随する国も出てきて、第2次大戦後共産主義体制を取ってきた東欧諸国でも改革の動きが出始めたのでした。
しかし東ドイツは社会主義のイデオロギーこそが国家の存在意義であり、民主化による改革により西ドイツとの違いを無くすことは国家の存在感が無くなると懸念を示し、周辺国や最大の後ろ盾であったソ連で改革の動きが出てもそれに見向きもせず、とりわけエーリッヒ・ホーネッカー国家評議会議長からしてガチガチのマルクス・レーニン主義者だったことで、ホーネッカーはシュタージ(秘密警察)による締め付けおよびソ連の雑誌を発禁処分とすることで権力を維持し続けたのです。

だが1989年5月にハンガリーがオーストリアとの国境を開放する動きが出てくると、東ドイツの国民の中からハンガリー~オーストリアを経由して西ドイツへと逃げ出す者も出てきて、東ドイツ政府は国民の西ドイツへの流入という危機を招いたわけだが、国境を解放したハンガリーに対して当然抗議するもハンガリーから「国民に逃げられるまでに国家の危機を招いといて何言ってんだ!!」と一蹴される始末、もはや東ドイツ政府っていうかホーネッカーは周囲から見放されつつあったのだが、そんな逆風にもどこ吹く風で権力に居座って楽観視したのだった。まるで今の南北朝鮮のようだ。やはり歪んだ理想主義者は現実を知らないお花畑脳ってこと。

そして同年10月6日に行われた東ドイツ建国40周年記念式典、来賓として出席したソ連のゴルバチョフ書記長は自身の掲げるペレストロイカを強調する演説を行うものの、ホーネッカーは自国の社会主義の発展を自画自賛するだけでした。ホーネッカーの演説を聞いたゴルバチョフ書記長は嘲笑と失笑が混ざった笑みを浮かべたけど、こいつ(ホーネッカー)は今自分が置かれている現状を分かっていないって本音が出たと思います。改革に後ろ向きで自分の実績ばかり持ち上げていい気になっているホーネッカーをSED(ドイツ社会主義統一党)幹部はもとより東ドイツ国民、そしてゴルバチョフ書記長はこの瞬間見限ったと思うと、自画自賛に自惚れ続けたホーネッカーはもはや見放されたと思うね。
現にこの式典では「ゴルビー!」とゴルバチョフ書記長を歓迎する声が上がった一方で「ホーネッカー! もううんざりだ!」とホーネッカーに反発する声まで出る始末だった。

そしてその3日後の1989年10月9日、ライプツィヒでの抗議デモが起こるとホーネッカーはこれを鎮圧しようとするも、SED幹部からは反対の声が挙がり、結果軍をけしかけることはなく流血の事態にはならなかったけど、それでも頑ななホーネッカーはもはやSED内で孤立してSED内からはホーネッカーを権力から降ろす動きが活発化して、1989年10月17日にSED政治局会議でホーネッカー国家評議会議長の解任動議を可決し、翌1989年10月18日にホーネッカーは辞任。即ち失脚したのです。
そしてこれが怒涛の展開へとつながるわけだが、あえてここでは書きません。

頑ななまでにマルクス・レーニン主義に染まり、権力に固執して現実を直視しなかったが為に国民はもとより身内から嫌われ、結果として身内から「Nein(ナイン)」(ドイツ語で「いいえ」の意、はいは「Ja(ヤー)」)を突きつけられたホーネッカー、こう見ると歪んだ理想主義者というのはロクでもない思考というか価値観の持ち主でしかないけど、国民よりも自分自身、権力が大事と見て周りを見なかったせいで最終的に孤立して失脚したと思うと、理想主義、それも共産主義的な価値観に基づくものだと最終的に破滅しかもたらさないってことを証明したと思うが、こう見ると共産主義的なイデオロギーはロクな思想じゃないと思うし、今までの歴史を否定して勝手な価値観を作り上げてそれで正義は我にありだなんて屁理屈抜かすのってパヨクあるあるもいいところです。最終的に権力から引きずり降ろされて最後は惨めな末路をたどったエーリッヒ・ホーネッカー、歪んだイデオロギーに染まれば待っているものは❝破滅❞です。いわゆる左翼はこれを見ていかに左翼的というか共産主義的な思想が間違っているのかを理解すべきだな!!

theme : 歴史
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード