FC2ブログ

シナゴーグ襲撃で極右の支持低下?

ユダヤ問題は今もドイツにくすぶってるんでしょうか・・・!?

引用

独極右政党支持率、シナゴーグ標的の銃撃後低下=世論調査

[フランクフルト 12日 ロイター] - ドイツのRTL/n-tvが報じた世論調査によると、東部ハレで9日に発生したシナゴーグ(ユダヤ教礼拝所)など2カ所での銃発砲事件後、極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」の支持率が低下している。

調査は、調査機関フォルサが2500人のドイツ人を対象に実施。その結果、週初に13%だったAfD支持率は、10日には11%となった。

検察によると、2人を殺害した容疑の男は犯行を認め、極右の反ユダヤ主義に傾倒していると表明した。

男は民族主義・反ユダヤ主義のマニフェストを発表しているほか、9日の銃撃の動画をストリーミング配信した。犯行時、男はシナゴーグへの侵入に失敗し、付近と別の1カ所で通行人合わせて二人を射殺した。

一方ビルト日曜版に掲載された調査会社エムニドの世論調査では、AfD支持率は15%で変わらなかった。連立与党の一角である社会民主党(SPD)の支持率は1%ポイント低下の14%。調査は、10月2─9日に実施された。銃撃は、調査最終日の9日に発生している。

最終更新:10/15(火) 11:57 「ロイター」より
ドイツ東部にあるハレで9日、ユダヤ教の礼拝堂・シナゴーグで銃乱射事件が起こり、銃を乱射した男は反ユダヤ主義で極右支持者だったことから、極右政党・AfD(ドイツのための選択肢)の支持率が低下していることが明らかになったようです。

「ユダヤ人を抹殺せよ!!」という思想に駆られてシナゴーグを襲撃し、その様子を動画にアップしたことから再び極右支持者による外国人排斥、それもユダヤ人を標的にした事件に対する憤りが蒸し返したドイツ、何かこうユダヤ人を標的にした事件が起こると変に憤る傾向が強いが、未だドイツにおいて「ノーモアナチス」が根付いているとしか思えないけど、だったらイスラエルのやっていることがナチスと変わらないことには何で憤らないのか? そこは矛盾しかありません。
「外国人排斥を掲げるAfDはドイツの恥!」ってAfDを非難する一方で「イスラエルはパレスチナに対する行き過ぎた抑圧を止めよ」って言わないのはおかしくない?

いくらナチスを断罪してもドイツから反ユダヤ主義は消えないってのを痛感するものだが、大なり小なりナチスの亡霊はくすぶってるってことです。こうなったのもアンゲラ・メルケル政権が変にリベラル的な政策を取ったせいで外国人を受け入れまくったが為に、一部から反発を持たれてAfDの台頭を招いたと思うと、リベラル寄りの政策はこのような事態をもたらすことを痛感するよ。今回シナゴーグを襲撃した男はユダヤ人がそれだけ嫌いだったのか? それともイスラエルの行き過ぎたやり方がナチスと重なると見てそれに対する怒りからシナゴーグ襲撃という凶行に及んだのか? 謎は深まるばかりだ。
ユダヤが絡むと変に神経質になるドイツ、今回のシナゴーグ襲撃事件で在独イスラエル大使が抗議してもおかしくないと思います。

theme : 差別問題
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード