FC2ブログ

東電旧経営陣は「無罪」!?

経営陣には責任がないってことですか? あれだけの原発事故にも関わらず・・・!!

引用

東電旧経営陣に無罪判決…巨大津波対策、刑事責任問えず

 東京電力福島第一原発事故を巡り、検察審査会の起訴議決に基づき業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電の勝俣恒久・元会長(79)ら旧経営陣3人について、東京地裁(永渕健一裁判長)は19日、いずれも無罪(求刑・いずれも禁錮5年)とする判決を言い渡した。3人が巨大津波の襲来を予見し、事故対策を取れたかどうかが争点だったが、同地裁は3人の刑事責任は問えないと判断した。

 無罪となったのは、勝俣元会長のほか、原発担当役員だった武黒一郎(73)と武藤栄(69)の両元副社長。

 3人は、10メートルの高さの敷地を超える津波が同原発に押し寄せることを予見できたのに、対策を怠った結果、東日本大震災の津波で事故を招き、同原発近くの「双葉病院」(福島県大熊町)から避難した入院患者ら44人を死亡させたほか、爆発した原発のがれき片などで自衛官ら13人にけがを負わせたとして、検察官役の指定弁護士に強制起訴された。

 指定弁護士は、武藤、武黒両被告は震災前の2008年6月~09年5月に、東電の子会社が算出した「福島第一原発に最大15・7メートルの津波が襲来する」との試算結果を把握し、勝俣被告も09年2月の会議で、部下から「14メートル程度の津波が来る可能性があると言う人もいる」と聞かされていた点を重視。これらの情報を基に津波を予見し、防潮堤の設置や原発の運転停止などの対策を講じていれば、事故を回避できたと主張した。

 これに対し弁護側は、試算結果の基となった国の「長期評価」について「専門家から『根拠に乏しい』と指摘されており、信頼性がなかった」と主張。その上で「津波は誰も予想できなかった規模で、試算結果とは大きく異なる。試算結果に従って対策を講じていても、事故は防げなかった」などと反論していた。

 3人については、東京地検が2度、不起訴としたが、東京第5検察審査会が「起訴すべきだ」と議決し、指定弁護士が16年2月に強制起訴した。初公判は17年6月に開かれ、計21人の証人尋問や被告人質問などを経て今年3月に結審していた。

 09年に強制起訴制度が導入されて以降、今回を含め、これまでに9件で13人が強制起訴されたが、有罪が確定したのは2件(2人)にとどまっている。

 最終更新:9/19(木) 14:39 「読売新聞」より
福島第一原発事故を巡って、当時の東京電力の勝俣恒久元会長ら3人の経営陣に対する判決は「無罪」という19日の東京地裁での強制起訴裁判、津波対策を怠ったとして津波による事故をもたらして周辺の病院に入院していた入院患者を死亡させたり、ガレキ処理を行っていた自衛隊員にケガを負わせたとして強制起訴された東京電力旧経営陣、未曾有の事故にも関わらず無罪判決って正直納得行かないを通り越したくなります。

先月名古屋地裁で開かれた裁判では避難者に対して9683万円の賠償を命じながら国の責任を認めないという判決が出たのに続いて、また福島第一原発事故処理関連の裁判でまた納得しない判決が出たんじゃ、不条理過ぎます。

これまで当事者意識すら感じない態度を取って世論を怒らせた旧経営陣、その旧経営陣に無罪判決って避難者はイザ知らず世論から「何でこんな大甘過ぎる判決なんだ!?」って疑問しか残らないし、避難者の精神的な苦痛を余計助長するだけでしかありません。

原発を停止せず、防波堤も作らずで、日和見体質もいいところなんじゃないのか? 旧経営陣は!! 自分たちが経営陣にいるうちは何事もなくなんて日和見体質では危機意識などあったもんじゃないよ。日和見体質が組織いやさ個人をダメにするのに、それを全然分かっていないわ。
東京電力の信用をすこぶる落としながら、それをもたらした旧経営陣に対して無罪ってふざけてます。

自然災害対策を全くやらず、のほほんと日和見な態度を取ってきた東京電力の旧経営陣、にも関わらず厳罰が下らないのはおかしい。これがアメリカだったら億単位の損害賠償を突きつけられるハズだが。

theme : 原発事故
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード