FC2ブログ

ヨーロッパ主要国が軒並み低調?

米中貿易摩擦問題の煽りを喰らっているのは日本だけじゃありません。

引用

欧州経済、苦境にあえぐ=主要国がマイナス成長

【ロンドン時事】欧州経済が苦境にあえいでいる。

 主要国のドイツと英国が米中貿易摩擦の影響などでマイナス成長に転落。今後も英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる混乱や米国との通商関係悪化が予想され、不透明感が強い。

 欧州最大の経済大国ドイツの4~6月期の実質GDP(国内総生産)は、前期比0.1%減。第2位の英国も0.2%のマイナスに落ち込んだ。ユーロ圏全体でも0.2%増にとどまり、景気に急ブレーキがかかっている。

 特に主要国の製造業の落ち込みが目立つ。米中摩擦に端を発する世界経済の減速で輸出が低迷したほか、英EU離脱の混迷が国境を越えた生産体制を敷く自動車産業を直撃。環境規制の強化でディーゼル車を中心に自動車販売が振るわないという欧州特有の事情もある。

 先行きも課題山積だ。ジョンソン英首相は10月末の「合意なきEU離脱」に突き進んでおり、直前には駆け込み需要が見込まれるものの、11月以降は強烈な逆風に見舞われる恐れがある。さらに、米国とEUの貿易摩擦激化も懸念され、トランプ米大統領がEUの自動車やワインに追加関税を導入すれば、欧州経済には一段の打撃となりそうだ。

 英キャピタル・エコノミクスのジャック・アレン・レイノルズ氏は「米国とEUの貿易戦争が始まれば、成長予想をさらに引き下げざるを得ない」と警鐘を鳴らす。

 最終更新:8/16(金) 7:50 「時事ドットコム」より
ドイツイギリスの今年4月から6月までのGDP(国内総生産)ドイツが前期比マイナス0.1パーセント、イギリスが前期比マイナス0.2パーセントという数字を記録したけど、米中貿易摩擦問題に加えてイギリスがEU(ヨーロッパ連合)を離脱する問題から先行きが不透明なことで、ヨーロッパ全体において経済が不振にあえいでいるみたいです。

合意なきブレグジットに突き進むイギリスのボリス・ジョンソン首相、EUとの関税復活というリスクもそうだし、またアメリカのドナルド・トランプ大統領がEUの自動車及びワインに追加関税も厭わない姿勢を取っており、米英がかつての「ブロック経済」に走りかねないことを考えれば、ヨーロッパ経済は相当な打撃を受けるでしょう。
中国だけじゃなくEUにも経済でケンカを売るトランプ大統領、日本も貿易問題でアメリカと対立している部分もあり、対岸の火事じゃないことは確かだ。

イギリスが合意なきブレグジットに突き進むことでイギリス国内から多くの海外企業が撤退する羽目になったことを考えたらば、ジョンソン首相の罪は相当なものだな。
ただヨーロッパにも問題はある。アメリカではなく中国を主要な貿易相手国に選んだことでアメリカから批判されたんだから、いわば「自業自得」? でもアメリカに「忖度」しない姿勢は評価するけども。

米中貿易戦争なんて最悪のシナリオも考えられる懸念もある一方で、米EU貿易戦争という別の懸念が降りかかりそうなことを考えたら、当然国際経済に相当な台風をもたらすことは確か。日本もこれには注意深く見なければならないです。

theme : 政治・経済・社会問題なんでも
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード