FC2ブログ

令和初の「終戦の日」

令和に元号が変わっても、この日を特別な思いで迎えるのは変わりません。

引用

令和初の終戦の日 全国戦没者追悼式で天皇陛下がお言葉

 74回目の終戦の日を迎えた15日、令和で初めてとなる政府主催の全国戦没者追悼式が日本武道館(東京都千代田区)で開かれた。天皇、皇后両陛下のご臨席のもと、安倍晋三首相や全国各地の遺族ら計約7千人(付き添い含む)が参列。先の大戦で犠牲となった軍人・軍属約230万人、一般国民約80万人の計約310万人の冥福を祈り、平和への誓いを新たにした。

 式典では、安倍首相が「戦争の惨禍を、二度と繰り返さない。この誓いは、令和の時代においても決して変わることはありません。今を生きる世代、明日を生きる世代のために、国の未来を切り開いてまいります」と式辞を述べた後、参列者らが起立し、正午の時報を合図に1分間の黙祷(もくとう)をささげた。

 今年5月に即位した天皇陛下と、皇后さまはいずれも戦後生まれで、初めての式典ご参列となる。陛下はお言葉で、上皇さまが平成27年以降に使われた「深い反省」という言葉を用いた上で「戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、全国民と共に、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」と述べられた。

 陸軍伍長だった父が太平洋の東部ニューギニア(現パプアニューギニア)で戦死した森本浩吉さん(77)=横浜市=が遺族代表として出席し、「失われた多くの尊い人命と焦土の中から、その犠牲に報いるべく、戦後の廃虚からの復興が成し遂げられました」と追悼の辞を読み上げた。

 厚生労働省によると、今年の参列予定遺族は4歳から97歳までの5391人。遺族の代替わりが進み、戦没者の配偶者は5人で過去最少となる見込みの一方、戦没者の子が2751人で全体のほぼ半数を占め、孫が451人、ひ孫が140人となっている。

 年齢別では、戦後生まれが昨年より96人多い1650人の予定で、初めて全体の3割を超えた。戦争の記憶を次世代に継承することを目的に4年前から、ひ孫、玄孫(やしゃご)世代にあたる18歳未満の青少年代表の献花を実施。18歳未満の参列予定者は112人で、全体の2・1%だった。

 また、この日は全国各地でも追悼式が開かれ、約4万1千人の参列が見込まれている。

 最終更新:8/15(木) 12:41 「産経新聞」より
令和となって初となる終戦の日、日本武道館で行われた政府主催の全国戦没者追悼式に出席した天皇・皇后両陛下、即位して初となる全国戦没者追悼式への出席、特別な想いを抱いての出席かも知れません。

「戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、全国民と共に、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」と述べた天皇陛下、初の戦後生まれの天皇陛下、上皇さまのこれまでの言葉を借りたと思うけど、悲惨な戦争を繰り返してはならないという想いはいつの時代も変わらないです。

戦後一貫して不戦の誓いを続けた日本、でも今の世界情勢はいつまた大規模な戦争が起こってもおかしくないだけに、日本の訴える不戦の誓いを国際社会に改めて強く発信したいけど、綺麗ごとが通用しない国際社会、日本的な考えは「甘っちょろい」と反論されそうな気もします。

あの戦争で犠牲となった軍人や民間人の冥福を祈るばかりです。ただ令和に変わったことに伴い日本のこれまでの戦前戦後の歴史観を改めて見直す時期にしていいくらいです。日教組のせいで自国の近現代史を知らない人が多い日本、だったら日教組の罪は相当なものだ。

theme : 戦争・原爆
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

おはようございます!

本文記事拝読いたしました。(上から)追悼式、陛下にとっては初めてですからね。特別な思いと緊張もあったと思います。
国際社会は綺麗ごとは通用しない< 国際政治に詳しい管理人さんらしいです。Gもそう思っています。原因を解決しないと終わりません(パレスチナ紛争・日韓もそうです)。
教育、重要ですよね。いい事実も都合の悪い事実も教えなければなりません。どこかの国のように、自国に都合のいいように偏向してはいけませんw

戦没者追悼式の参列者が高齢化・代替わりしているとの新聞記事、気になりました。終戦直後は、両親が多かったそうです。そして妻の世代になり、今は子の世代ですかね。あと20年ぐらいすれば孫の世代ですね。なんか寂しさを感じます。

Re: おはようございます!

Gくんさんへ

コメントありがとうございます。

毎年戦没者追悼式を見ていると日本人として戦争で犠牲となった人たちを鎮魂しなければいけない特別な想いに駆られるけど、戦後74年な今、高齢化や代替わりげ目立つのは当然ではないでしょうか。

不戦の誓いと言うけれど、世界を見渡せば紛争状態にある国(シリア・ソマリア)、いつ紛争になってもおかしくない国(アフガニスタン・パレスチナ・コンゴ民主共和国)、そして紛争の傷跡が今も残る国(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ・ルワンダ・シエラレオネ・カンボジア)があったりするわけで、そんなことは綺麗事だと思う人もいるでしょう。
戦後70年以上が経ち、あの戦争にこれからの世代にどう伝えていくかも改めて課題ですが、韓国みたいに自国の都合のいいような歴史観を植え付けてはいけないし、いいことも悪いことも包み隠さず教えることが重要だと思います。自国の歴史を知らずして国際人にはなれません。
プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード