FC2ブログ

「連帯」誕生のきっかけ

東欧革命から30年を迎える今年、民主化運動につながるきっかけの一つとしてポーランド「連帯」なる組織が発足されたことにあるけど、共産主義下だったポーランドにおいて自由な組合活動が認められなかった中、政府による弾圧を乗り越えて合法組織となったことからポーランドにおける民主化運動は進んだのです。
そんなわけで今から39年前の今日1980年8月14日は、ポーランドのグダニスク造船所でレフ・ワレサ率いる労働者がストライキを起こした日です。これは「連帯」発足につながる重大な出来事です。

第2次大戦後、ソ連によって共産主義体制となったポーランド、当初はスターリン主義的な政策を取ったものの(初代第一書記ボレスワフ・ビェルト)、スターリン批判を境にポーランド国内で労働者の抗議が頻発、時同じくして共産党第一書記に就任したヴワディスワフ・ゴムウカはビェルトのやり方とは違って自由化を進めたものの、保守的な政策に転じた上に1968年に隣国・チェコスロバキアで起こったプラハの春でソ連と共謀したことで国民の支持を失い、また賃金問題や食糧不足問題、労働者のストライキや暴動で経済が冷え込んだことからゴムウカは失脚、その後アメリカや西ドイツから借金をしてまで経済を立て直したもののすぐにインフレを起こして経済はまた冷え込み、共産党政権は余計国民からの厳しい批判にさらされるのでした。

そんな中グダニスクにあるレーニン造船所(グダニスク造船所)の技師だったレフ・ワレサが独立した労働組合を作るべきだと訴え、1980年8月14日、ワレサ率いる労働者たちはグダニスクにあるレーニン造船所でストライキを起こし、組合の自由と言論の自由を訴えたのです。同年9月17日にグダニスクで自由労働組合の全国代表者会議を開き「連帯」が発足しました。

しかし共産党政権にとって政府批判を掲げる組織の存在は好ましいものではなく、直ちに戒厳令を強いて「連帯」を非合法化してワレサなどを逮捕、抑圧的な政策に走るのだったが、当時ローマ法王でポーランド出身のヨハネ・パウロ2世が母国ポーランドを訪問したことで活動は活発化するのでした。
ワレサらの行動に加えてヨハネ・パウロ2世が訪問したことに刺激を受けたポーランド国民にとって、これは民主化に大きく動くきっかけだったと言えます。その始まりの場所であるグダニスク造船所は現在ありませんが、ポーランドの歴史において無くてはならない1ページとしていいでしょう。またヨハネ・パウロ2世訪問で当時共産党政権から抑圧されていたカトリック教会にとっても自信をつけることにもなった。
造船所のストライキから始まった民主化運動、これにはポーランドが嫌々共産主義にされたストレスが一気に爆発するきっかけを作ったと思うと、始まりは労働者の抗議って取れます。共産党政権が崩壊する発端として。

theme : 歴史
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード