FC2ブログ

エルパソの銃乱射は「国内テロ」

銃と人種の問題が一緒くたになって起こった事件に見えます。
ドナルド・トランプ政権になってからアメリカってこういう動機で起こる犯罪が増えていると思うんだが・・・!?

引用

米テキサス乱射 「国内テロ」で捜査 ネット声明文は容疑者投稿

 米南部テキサス州エルパソで3日午前(日本時間4日未明)、男が銃を乱射し、20人が死亡、26人が負傷した事件で、地元の司法当局は4日、「国内テロ」として捜査していると明らかにした。米ニューヨーク・タイムズ紙によると、事件直前に出された移民排除を主張する声明文は、現場で拘束された同州のパトリック・クルシウス容疑者(21)が書いたものと確認された。連邦捜査局(FBI)などは中南米系に対するヘイトクライム(憎悪犯罪)などの疑いで調べている。

 事件は3日午前10時半ごろに発生。4ページの声明文は、最初の通報の19分前に「8chan」と呼ばれるインターネット上の掲示板に投稿されていた。この中で、容疑者は急増する中南米系の移民の排斥を主張。「これはテキサス州へのヒスパニック(中南米系)の侵略に対する行動だ」などと、人種や出身地を理由にした攻撃を正当化していた。

 4日に記者会見したテキサス州の連邦地方検事は「市民をおびえさせるために計画されたとみられる」と述べ、テロ事件として扱う考えを示した。

 捜査当局によると、事件で使われたのはライフル銃で、合法的に購入されたものだった。容疑者の声明文によると、自動小銃AK47を使ったとみられる。捜査当局者によると、容疑者は基本的に何も隠すことはなく事情聴取に応じているという。FBIなどは4日、現場から約1000キロ離れた同州ダラス郊外の容疑者の自宅などを捜索した。

 一方、メキシコのロペスオブラドール大統領は4日、犠牲になったメキシコ人は6人に増えたことを明らかにした。

 最終更新:8/5(月) 12:51 「毎日新聞」より
メキシコとの国境に近いテキサス州・エルパソのショッピングモールで3日、男が突然銃を乱射して20人が死亡するという無差別テロに等しい銃乱射事件が起こり、警察は同市在住の21歳の白人の男を拘束したが、男のネット上の声明文からヒスパニック系を名指しで排除するような書き込みがあったことで、ヘイトクライムに基づくものと見てFBI(連邦捜査局)が捜査するみたいです。

この男はヒスパニック系を名指しで攻撃する書き込みをしただけでなく、ニュージーランドのモスクで起こった銃乱射事件の容疑者を支持するような書き込みもしており、明らかに白人至上主義を強調しているけど、だったらこいつは頭が狂ってる。

テキサス州の連邦検事は「市民をおびえさせるために計画されたとみられる」と見てテロ事件と断定したけど、昨今ヘイトクライムに基づく犯罪が増加しているアメリカ、放っておけないんでしょうね。
ヒスパニック系に対して攻撃的な書き込みをSNSで発信した、コレってヘイトスピーチもいいところだし、危険人物もいいところだ。

ただの銃乱射事件でもおっかないが、特定の人種に対する攻撃的な言動がもとで起こす銃乱射事件、ヘイトクライムを起こす奴は頭がイカレているを通り越してます。事あるごとに反日ヘイトを展開する韓国とどっこいどっこいだ。
トランプ大統領は「憎悪の居場所はない」と今回の銃乱射事件を非難したが、ヘイトクライムを煽るような言動しといて何を言ってんだとブーメランが返ってきてもおかしくないよ。

theme : ここがヘンだよアメリカ
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード