FC2ブログ

広島・緒方監督が❝ビンタ❞

令和のこの時代、そんなやり方は時代遅れも甚だしいです。

引用

広島・緒方監督が野間を平手打ち 球団は厳重注意処分「手を上げること自体が駄目」

 広島は24日、緒方孝市監督(50)に15日付で厳重注意処分を科したと発表した。鈴木清明球団本部長が明らかにした。6月30日のDeNA戦後、同戦で全力疾走を怠った野間峻祥外野手(26)を平手で複数回叩くなどの不適切な指導があった。

 広島の調査では緒方監督の不適切な指導は今回が初めてで、常習性はないと確認。取材を受けた今週発売の週刊誌に「事実と違うことが報じられている」(鈴木本部長)ことから、このタイミングでの発表となった。監督は今月15日のDeNA戦前、野間を含む選手、首脳陣、チームスタッフの前で「迷惑を掛けた。申し訳ない」などと謝罪したという。

 野間は「監督の気持ちは理解している。監督に不平不満はない」と球団に伝えた。鈴木本部長は「手を上げること自体が駄目」と話し、再発防止に努めるとした。

 [ 2019年7月25日 05:30「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
いやはや、令和の時代でこんな昭和臭丸出しの行為はあり得ないもいいところです。

先月30日に行われた広島DeNA戦で、広島の野間峻祥が延長11回の打席で当たり損ねのピッチャー前のフライを上げ、ノーバウンドで捕られると判断して全力疾走せずアウトとなったことに緒方孝市監督は試合後監督室に野間を呼び出して、厳しく説教したまでは良かったがその後がいけなかった。何と野間に往復ビンタを食らわすという行為に及んだもんだから、いつの時代だと思ったよ。

これが週刊誌に報じられて緒方監督は今月15日のDeNA戦前に選手やコーチ陣、スタッフを前に謝罪したけど、緒方監督は今の時代ではやってはいけないことをしでかしたことは間違いない。

選手に手を上げた緒方監督も悪いかも知れないが、普通怠慢プレイやミスをした選手には厳しく叱責すればいいのに手を上げるなんて、良識の範囲内を持ち合わせていないのだろうかと思います。ついこの前阪神の矢野燿大監督が全力疾走を怠った木浪聖也に対してカミナリを落としたが、あれぐらいでいいかも知れない。
ただ野間も悪いことをしたと思うよ。まず怠慢プレイという行為はチームスポーツである野球においてやってはいけない行為であることは百も承知、やる気のないプレイはチームの士気に悪影響を及ぼしかねないのだ。
「監督の気持ちは理解している。監督に不平不満はない」と野間はコメントしたけど、自分のやる気のないプレイのせいでチームが勝てず、結果として監督に怒られてましてやビンタもされたと捉えたんでしょうかね。野間については今年オープン戦で走塁ミスして緒方監督の怒りを買って二軍に落とされた記憶があるが、また同じことをやらかしたんじゃこうなってもおかしくはない。
監督からすれば「同じミスをまた繰り返しやがって! お前は今シーズンいっぱい一軍では使わん!」と二軍降格を突きつけたくもなるでしょうけど。

怠慢プレイは許されることではないが、だからといってそれをした選手に対して手を上げることはもっと許されないと思います。

theme : 許されない出来事
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード