FC2ブログ

バケツ2杯分のガソリンを撒いた?

こう見ると、用意周到すぎる放火殺人事件も甚だしいよ。

引用

京アニ放火 ガソリンをバケツ2個に入れまいたか

 京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオで18日発生した放火事件で、青葉真司容疑者(41)=殺人容疑などで逮捕状取得=がガソリンをバケツ2個に入れ、現場1階で計10リットル前後をまいた可能性が高いことが24日、捜査関係者への取材で分かった。大量のガソリンはすぐに揮発して引火しやすくなるが、助燃用の着火剤を準備していたこともすでに判明。京都府警は青葉容疑者がガソリンの特性をよく認識せずに、犯行に及んだ可能性が高いとみて捜査している。

 捜査関係者によると、青葉容疑者は17日午前、京都府宇治市内でガソリンの携行缶を購入。別にバケツを2個買っていたことも新たに分かった。青葉容疑者の目撃情報がある現場付近の公園からは、携行缶の空箱のほか、着火剤の包装も見つかっており、青葉容疑者が放火時のために準備していたとみられる。

 青葉容疑者は犯行直前にガソリンスタンドでガソリンを購入。現場近くで携行缶からバケツ2個に入れ替えたとみられる。

 ガソリンは気化しやすくマイナス40度くらいから引火・爆発する一方、着火剤は木材や炭などに火を付ける際の助燃剤として用いられ、ガソリンなどの油分と使用することは想定されていない。青葉容疑者は犯行時に自らも重いやけどを負っており、ガソリンの危険性についての認識を欠いた状態で犯行に及んだ疑いが強い。

 京都市消防局の関係者は「ガソリンをまいた場合、火は着火剤がなくても揮発したガソリンに引火して瞬間的に燃え広がる。着火した本人も巻き込まれる可能性は高い」と話している。

 火災は18日午前10時半ごろ発生。スタジオは全焼、34人が死亡し、34人が負傷した。

 最終更新:7/24(水) 12:00 「産経新聞」より
京都アニメーションの大規模火災事件は、容疑者が未だ容態が安定せず逮捕状待ちの状態だけど、事件当日の容疑者の行動が明らかになったみたいです。

事件前日に容疑者は京都府宇治市内のホームセンターでガソリン携行缶を購入して、バケツを2つも追加で購入していたことが明らかになったけど、さらに助燃用の着火剤まで用意してたと言いますから、明らかに大規模な放火事件を起こす気満々だったと思うが、ガソリンが揮発性の強い物質なのを知らずに犯行に及んだが為に自分も被害に遭ったと思うけど、自業自得というかガソリンの危険性も理解せずに放火に及ぶなど極めて愚の骨頂だよ。

こう見るとガソリンという物質の危険性が改めて分かるけど、このように犯罪に使われるようじゃ今後ガソリンの携行缶を購入する場合は店側から誓約書を書かされそうです。刃物を購入する場合と同じく。レジャーなどで使う人もいるし誰でも簡単に買える反面危険な感じもします。

ガソリンの危険性も理解せず、着火剤まで用意してこんな放火に及んだ。実にバカとしか思えないし、容疑者に対してはもう一つ、てめェの勝手な動機で起こした愚行のせいで大勢の若者たちが犠牲になったのを考えると許せないです。
それと事件前日の行動がテレビに映ったけど、その際容疑者の顔にモザイクが掛かっていたのは疑問です。犯罪者にモザイクをかける必要なし。

theme : あまりに酷い事件
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード