FC2ブログ

相変わらずエボラが止まらないコンゴ

昨年に再燃してから猛威をまた振るい出したみたいです。

引用

DRコンゴのエボラ流行、東部の都市ゴマで感染者確認

【7月15日 AFP】コンゴ民主共和国の保健省は14日、北キブ(Nord-Kivu)州の州都ゴマ(Goma)でエボラ出血熱の感染者が確認されたと発表した。昨年8月に同国東部でエボラ出血熱の流行が発生して以降、ゴマでの感染者確認は初めて。これまでに感染が確認されている中で最大の都市となる。

 感染した男性は14日朝、同州で感染者が多い街の一つ、ブテンボ(Butembo)からバスでゴマに到着。このバスには、運転手と乗客18人が乗っていた。

 保健省によると男性は、9日に初期症状がみられたが、12日から移動を開始。感染者とブテンボからのバスの乗客がすぐに特定できたため、ゴマで感染が拡大する可能性は低いと述べた。バスの乗客と運転手は、15日にワクチンを受ける予定だという。

 13日に保健省が公表したところによると、コンゴ民主共和国東部のエボラ出血熱の流行によってこれまでに1655人が死亡、694人が回復し、16万239人がワクチンを接種した。

 しかし、武装集団による治療センターへの襲撃で医療従事者が殺害されたり、医療チームが地元住民から敵意を向けられたりするなど、エボラ出血熱の対策は妨げられている。

 「国際ニュース 『AFPニュース』」より
昨年8月にエボラ出血熱感染者が確認されたコンゴ民主共和国、東部の都市・ゴマでの感染ということでこれまでコンゴで確認されたエボラ患者は郊外に多かったものの、都市部での感染者が出たことで最悪の事態みたいです。

コンゴの保健省によれば、東部のエボラ出血熱の流行により1655人が死亡、694人が回復して16万239人がワクチンを接種したと言うけど、感染拡大を食い止めるには衛生状態を良くすることもそうだし、すすんでワクチン接種を呼びかけねばならないレベルです。
感染した男性は直ちに治療施設に送られたが、大事に至らねばいいけども。

ただ武装集団によって医療従事者が殺されたり、地元住民から敵視されて攻撃されるケースが目立つなど、対策が進んでいないのが事実、コンゴ政府はこの事態を重く見ていないのだろうか? ウガンダ及びルワンダと国境を接する東部のことだから「向こうの武装勢力がエボラウイルスを持ち込んだ」なんて責任転嫁しなければいいのだが。
医療インフラが進んでいない、進んで医療を受けないことで被害が拡大、政府が何かしらの対策を取らないでこのままではコンゴ全域に拡大する懸念が出てきそうです。

フェリックス・チセケディ大統領は前任(ジョセフ・カビラ)のツケを背負う形でエボラ出血熱の流行や南北キブ州の紛争収拾、長年の紛争による国内経済の疲弊という課題に向き合うこととなるが、独立してからずっと安定しない情勢が続いているコンゴ、簡単じゃありません。
経済が疲弊の上にエボラ拡大という課題の中で「(ベルギーによる植民地政策を持ち出して)ベルギーに対して多額の賠償金を要求する!」なんてチセケディ大統領以下コンゴ政府がとんでもない言動をしなければいいが・・・?!

theme : 国際ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード