FC2ブログ

真実の芽

謂れのない罪で逮捕されているジャーナリストが多数いると言われているロシアだけに、この問題に一石を投じることになるのでしょうか?

引用

「調査報道続ける」=自宅軟禁解除でロシア記者

【モスクワ時事】ロシアで汚職追及の調査報道を手掛けてきたイワン・ゴルノフ記者(36)が麻薬密売の容疑で逮捕されたものの、証拠不十分で捜査が打ち切られた事件で、自宅軟禁を解除されたゴルノフ氏は11日夜、「今後も調査報道に取り組む。私を支持してくれた人々の信頼に応える必要がある」と表明した。
 
 ゴルノフ氏が警察庁舎から手続きを終えて出てくると、詰め掛けた記者から大歓声が上がった。ゴルノフ氏は支援に謝意を示した上で「この国でこのようなことが二度と起きないことを望んでいる」と語った。所属する独立系インターネットメディア「メドゥーザ」も「記者と市民の連帯による前例のない国際的なキャンペーンの結果だ」と声明を出した。

 ゴルノフ氏は6日に薬物を所持していたとしてモスクワで逮捕されたが、本人は全面否認。情報機関幹部が絡む汚職疑惑の取材をめぐり脅迫を受けていたと明かし、追及を封じるための不当逮捕と疑う見方が広がった。

 最終更新:6/12(水) 7:17 「時事ドットコム」より
汚職を追及する報道を手がけてきた記者を麻薬密売容疑で逮捕したものの、これは政府による報道規制を助長するものだとして批判されたことで証拠不十分でその記者の自宅軟禁を解いたっていうけど、汚職疑惑の追及をした記者をあらぬ罪で逮捕して自宅軟禁するのって、明らかに自分たちに都合の悪い報道は許さないと言わんばかりな姿勢です。正直ロシアは相変わらずってこと。

「今後も調査報道に取り組む。私を支持してくれた人々の信頼に応える必要がある」と記者団に対してこう述べた記者ですが、ロシアにおいて政府による報道への干渉及び規制を許さない、政府に都合の悪い報道に対する弾圧を許さないという声明に取れるけど、ホントのことを伝える為にジャーナリストを続けるってことでしょう。

ロシア政府はウラジミール・プーチン大統領による強権政治もあってか、これに伴い汚職も表面化しているけど、それを報じたマスコミに対しては脅しをかけて不当逮捕も厭わないもんだから、これが欧米から批判されている要因の一つだけど、今回麻薬密売をでっち上げて逮捕したジャーナリストを釈放した理由は、欧米からの批判の和らげる為になったとしか思えません。
解放された記者も、ロシアから真実の芽を無くさない為に戦うと言ってますが、民主主義が❝後退❞している今のロシアにおいては厳しい戦いになることは必至です。

汚職疑惑の真相を突き止める為の戦いは、政治が腐敗している国において覚悟がいるものです。客観的な視点でホントのことを伝えるのもまたマスコミの役割。

theme : 報道・マスコミ
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード