FC2ブログ

「猛省」以前の問題だが

官僚の不祥事は閣僚にとって耳の痛い話題以外の何物でもありません。
とはいえ大臣が口で厳しく言ったところでそれが抑止力になるとは思えないのだが。

引用

柴山文科相「猛省して信頼回復を」=職員逮捕で訓示

 柴山昌彦文部科学相は29日、文科省キャリア官僚が覚せい剤取締法違反などの容疑で現行犯逮捕されたことに関し、「省として猛省し、省全体を挙げて信頼の回復に努めていかなければならない」とする訓示を職員に行った。
 
 文科省をめぐっては、局長級幹部の相次ぐ逮捕、起訴などの不祥事を受け、今年3月に省改革に向けた「創生実行計画」をまとめたばかりだった。

 柴山文科相は「職員一人ひとりにおいても、文部科学行政に対する国民の信頼を取り戻すため、法令順守について改めて徹底するよう強く求める」と訴えた。

 最終更新:5/29(水) 12:39 「時事ドットコム」より
文部科学省のキャリア官僚が覚醒剤取締法で逮捕されるという信じられないニュースがあったこの頃、柴山昌彦文部科学相は文部科学省の全職員に対して「省として猛省し、省全体を挙げて信頼の回復に努めていかなければならない」という訓示を行ったけど、ここ最近の局長級幹部が相次いで逮捕・起訴されている事件が目立つ文部科学省、柴山文部科学相としては文部科学省の信頼を揺るがす事態だけに猛省を促す訓示を出すのも無理はないが、猛省を促したところで再発防止になるんでしょうか?

勤務中に平然と薬物を使用できる環境を放置していることは問題だし、猛省しろと言ってそれでおしまいだから忘れた頃にまた不祥事を起こして世間を騒がせる傾向なのに、一体文部科学省は何を学んでいるのでしょうか? 改めて文部科学省という組織はタガが緩みまくっているとしか思えません。自浄能力もないじゃ芸能界と同レベルです。
教育を管轄する省庁がこんな不祥事を連発して、教育的に大問題もいいところですよ。ましてや覚醒剤に手を出す人間がいるコト自体組織としていかがなものか!? 薬物汚染が相も変わらず社会問題になっているのに、官僚が平気で薬物に手を染めて、世間に示しもつきません!!

不祥事の総合商社化しつつある文部科学省、教育よりも自分たちの保身しか考えないアホな人間しかいないのかこの組織には!! やっぱり偏差値教育しか受けてないから、知識はあっても人間性はまるでないんだからこういう人間しかいないと憂いたくもなる。

theme : 社会問題
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード