FC2ブログ

「戦争」発言の丸山議員に「けん責」

相撲で例えたらば「厳重注意」レベルで全く効果がないと思うんですが・・・!?

引用

丸山穂高議員けん責決議案、自公が提出…戦争発言

 自民、公明両党は21日午前、北方領土返還を巡り「戦争」に言及した丸山穂高衆院議員(大阪19区)に対するけん責決議案を衆院に共同提出した。野党6党派が提出した辞職勧告決議案とあわせ、同日午前の衆院議院運営委員会理事会で取り扱いを協議したが、不調に終わった。

 けん責決議案は、丸山氏の発言を「我が国の国益を大きく損ない、到底看過できない」と批判し、「猛省を促す」とする一方、議員辞職は求めていない。

 自民党の菅原一秀衆院議員は提出後、記者団に「議員の身分は憲法上、一定程度、保障される。出処進退は自分で決するべきだ」と述べた。

 衆参両院の事務局によると、けん責決議案の提出は初めて。

 最終更新:5/21(火) 12:45 「読売新聞」より
ついこの前、北方領土問題について「戦争しないとどうしようもなくないですか」と爆弾発言をして所属していた日本維新の会を除名された丸山穂高衆議院議員に対して、自民・公明両党は辞職勧告決議案を当初出す予定だったけど、野党と共同でこの案を出した際に衆議院議院運営委員会で取扱を協議したところ結果は決裂、その為けん責決議案に留まったようです・・・!!

「猛省を促す」と丸山議員に対して批判したものの議員辞職を求めない姿勢、正直問題発言をしでかしながらけん責じゃ厳重注意レベルで、あまり厳しいとは思えません。日本維新の会は除名なのにねェ・・・!? なんか温度差がハッキリ出ている。
一方で丸山議員、議員辞職にすら応じず対抗姿勢を取ってますが、他の議員の問題行為を持ち出して自分に矛先が向かぬようやってるとしか思えないし、他の議員については問題行為持ちも多くいて、自分にもそれが及ぶとしてなかなかそうならないジレンマがあるけど、結局は明日は我が身ってことか。

政治家は常に誰かに見られているという意識を持つべきなのに、それが全くないとしか思えないけど、何気なくとか軽はずみで喋ったつもりがその部分を切り取られて大々的に発信されるという懸念を国会議員は持つべきなんじゃないのかと思うし、それと今まで日本政府がロシアに対して北方領土問題において忖度と和をもって尊しとなす的な姿勢で、なあなあな態度をし続けたから、それに対して今回の丸山議員のような不信感を持つ者が出てきてこういう発言につながったと重く見るべきだと思います。

theme : 政治家
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード