FC2ブログ

「仲裁委員会設置及びICJに提訴も辞さない!」

徴用工問題においてもう我慢の限界を迎えたんでしょうか?
だったら昨年に最初の判決が出た時点で「日韓請求権協定違反だ!」ってそれを実行すべきだったんですが。

引用

政府、韓国対応に業煮やす=進展不透明、首脳会談見送りか-徴用工訴訟

 日本企業に賠償を命じた韓国人元徴用工訴訟をめぐり、日本政府は20日、日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の設置要請に踏み切った。

 1月に2国間協議を求めてから4カ月間、韓国側から何の動きもなく業を煮やした格好だ。政府は国際司法裁判所(ICJ)への提訴をちらつかせて韓国を揺さぶるが、仲裁に応じるかは不透明だ。

 「協定に基づく協議によって本件の解決はできなかったと判断した」。菅義偉官房長官は20日の記者会見で、韓国の李洛淵首相が「政府の対応には限界がある」と述べたことも挙げた上で、新たな手続きに進む理由を説明した。

 仲裁委は第三国の委員も含まれ、政府関係者は「100点の結論が出ないかもしれない」と語る。それでも仲裁手続きへの移行を決めた背景には、韓国側の対応が一向に進まないことがある。

 請求権協定に基づく1月の協議要請以来、日本政府は韓国側に応じるよう再三促してきた。今月1日には訴訟の原告側が、差し押さえた日本製鉄(旧新日鉄住金)資産の売却命令を申し立てる事態に発展。日本企業の実害が現実味を帯びても韓国側は事態打開に動かず、「李首相はさじを投げた」(日本政府関係者)と見て、協定が定める次の段階に進んだ。

 ただ、仲裁委への移行が解決につながるかは未知数。仲裁委設置には韓国側も委員を任命する必要があるが、応じる保証はないからだ。

 日本政府内には、「日本が歴史問題を国内政治に利用している」などと発言し、指導力を発揮しない文在寅大統領に対する不満が高まっている。政府高官は6月の20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせた日韓首脳会談について「必要ない」と断言。資産の現金化が進んだ場合、関税引き上げなどの対抗措置も不可避で、関係改善の糸口は見えていない。

 最終更新:5/21(火) 7:14 「時事ドットコム」より
新日鉄住金などに対して賠償請求が出て、その資産を差し押さえるという暴挙に及んでいる韓国、その韓国に対して日本政府は日韓請求権協定に基づく仲裁委員会設置を示唆したけど、今年に入って韓国側からいい返事が来なかったことに「もう我慢の限界だ!」としびれを切らしてICJ(国際司法裁判所)への提訴も辞さない姿勢を見せたけども、ハッキリ言ってそれで韓国に圧力をかけれるんでしょうかねェ・・・!?

その仲裁委員会には韓国側からも委員を任命しなければならず、韓国がそれに応じるかは不透明、韓国の独りよがりな言動のせいで仲裁委員会設置もICJへの提訴も進まないんだから、これを見て韓国という国は国際法も国家間合意も平気で破る国だと発信してはどうですか!? その韓国に対して配慮することは自殺行為だってことに気づけ!!

そんな状況で首脳会談など無理があるし、ハッキリ言って韓国とあまり関わるのはババを引くようなもので、話せば分かるが通用しないのは子供でも分かる。

仲裁委員会以降に応じず、またICJ提訴にも合意せず、自分勝手で相手を理解できないような国とはまともに話し合いなど出来ない!! それらに合意しなければ韓国に対して最大限の圧力を持って制裁に及ばねばならない!! って強硬な姿勢を見せてほしいわ。
資産の現金化が進んだ場合は関税引き上げなどの対抗措置を考えてはいるが、それより韓国とあらゆる経済関係打ち切りとか韓国人に就労ビザを出さないとか韓国製品全面禁輸とか、効率いいものはいっぱいあると思うけど。

仲裁委員会設置及びICJ提訴という措置をちらつかせて❝今頃❞韓国に揺さぶりをかけてきた日本、本気で韓国に鉄槌を加えねばならない段階にあるのは当然だと思います。
仲裁委員会設置もICJ提訴ももう一方の国の合意がなければ出来ないが、韓国がそれに応じなかった場合は前述した制裁案を実行すべきです!!

theme : 無法国家-韓国
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード