FC2ブログ

貴景勝、強行出場もやっぱ・・・!!

右膝関節内側側副靭帯を損傷したんだから、無理に出ることはなかったのにねェ・・・!!

引用

貴景勝が再休場 再々出場は「一切ありません」親方

大相撲の新大関貴景勝(22=千賀ノ浦)が、夏場所(東京・両国国技館)を9日目から再休場することについて、師匠の千賀ノ浦親方(58=元小結隆三杉)が20日、東京・台東区の千賀ノ浦部屋で、朝稽古後に取材に応じた。貴景勝は4日目の小結御嶽海戦で右膝関節内側側副靱帯(じんたい)を損傷し、約3週間の加療を要するとの診断書を提出して休場したが、8日目に再出場した末、小結碧山の立ち合い変化に対応できず、わずか0秒8で敗れていた。その取組後の前日19日の午後11時30分ごろに、電話で師匠から「休場しよう」と切り出したところ、貴景勝も即座に「はい、分かりました」と返答し、再休場となったことを明かした。

碧山戦で故障が悪化したということはないが「昨日(8日目)の相撲内容では相撲は取れないと判断した」という。打ち出し直後に部屋で直接会った際には「迷いがあった」と、切り出せなかったが、深夜に考えがまとまって、この日の再休場に至った。千賀ノ浦親方は「本人も1番取ってみて納得したと思う。ああいう相撲しか取れないなと。初めての経験。実際に再出場したことで自分でも納得した」と、両者の心の内の変化を交えて内情を明かした。

ファンや相撲協会には「看板力士である大関が、出場したり休場したりするのは非常に申し訳ない思いがあります」と、謝罪した。それでも「再出場は間違っていなかったと思う。言い方はおかしいが、こういう経験をして、逆によかった。本人は今でも土俵に上がりたい気持ちはあると思う。でも責任も感じている。『心苦しい』というようなことも言っていた。とにかく早く治して、治療に集中して、さらに強くなった貴景勝のいい相撲を見せたい」と、心身ともに一回り成長することを期待していた。また、再々出場の可能性については「一切ありません」と話していた。

[2019年5月20日11時0分「nikkansports.com」]より
4日目に対戦した御嶽海戦で右膝関節内側側副靭帯を損傷し、約3週間の治療と安静を要すると診断された大関・貴景勝、しかしその後痛みが引いたという貴景勝の訴えを師匠の千賀ノ浦親方及び医師が認めて、8日目に再出場したもののこの日対戦した碧山に立ち合い変化を喰らってあっさり敗れたけど、やはり右膝に力が入らずあっけなく敗れたかも知れないが、強行出場するべきじゃなかったとすら思います。

それに加えて、今度は右骨骨挫傷まで起こし、約3週間の治療を要する見込みと医師からの診断書を受け、その診断書を日本相撲協会に提出して、9日目から再び休場することを決めたようです。

ハッキリ言って、御嶽海戦後に右膝関節内側側副靭帯を損傷した時点で休場したまではいい、だったら何で痛みが引いたと直訴して強行出場したのか? ケガしたのに無理して出てそれで古傷となって今後の相撲人生に後遺症が残れば短命力士になりかねない懸念もあります。
それとちょっとケガしたくらいでも無理して出てそれでケガを悪化させたんじゃ本人の為にならないし、ましてや右膝関節内側側副靭帯損傷に加えて骨挫傷ですから、今は治療に専念して次の場所には何事もなく出場できるような状況を作るべきです、貴景勝。

あと角界もスポーツ医学などを取り入れてはどうか? 変に精神論や根性論にこだわって時代の流れに抗うような姿勢では力士ファーストとは言い難いです。
碧山に敗れて花道に引き下がる貴景勝を見て私は「右膝関節をケガしたのに何でまた出たんだよ!? 休んで治療に専念しろよ!!」とも思いました。

theme : 大相撲 注目の力士
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード