FC2ブログ

審議に応じないのはどっちだ?

今の野党には人のことをとやかく言える資格はないと思うのは誰が見たって明らかです。

引用

枝野氏「登校拒否みたい」…審議応じない与党に

 自民、公明両党の幹事長、国会対策委員長は17日の会談で、幼児教育・保育を無償化する「子ども・子育て支援法改正案」などの重要法案を早期に成立させる方針を確認した。

 親の体罰禁止を明記する児童虐待防止法などの改正案は、野党との修正協議に応じる構えだ。一方、立憲民主党の枝野代表は17日のラジオ日本の番組で、予算委員会の開催に応じない与党について「堂々と審議拒否している。登校拒否みたいな話だ」と批判した。ツイッター上で表現が不適切と指摘されると、「不登校の問題全体についてネガティブに受け取られる表現だった」と返信、謝罪した。

 最終更新:4/18(木) 8:22 「読売新聞」より
自民・公明両党の幹事長と国会対策委員長が17日の会談で幼児教育及び保育を補償化することを盛り込んだ「子供・子育て支援法改正案」などの重要法案を早く成立させることで確認したけど、一方で野党・立憲民主党の枝野幸男代表が、未だに予算委員会開催に応じない与党に対して出演したラジオ番組にて「登校拒否」なんて批判したけど、子供・子育て支援法改正案などを話し合わねばいけないのにまだそんなことを言ってるのかと言いたくなります。

大体野党は重要な話し合いについて全く応じる姿勢が積極的とはどうしても思えないところも目立ち、ましてや閣僚に不祥事が起こると罷免要求ばかりに終始して大事なことを疎かにしがちなところもあり、ハッキリ言って自分たちの存在感を示したいが為の利己的な行動にしか映りません。これでは国民がソッポを向くのも当然だ。

親の体罰禁止を明記した児童虐待防止法改正案には与野党ともに応じるけど、国の今後というかイメージに関わるようなことならば与野党関係なく話し合いを積極的にやらねばいけないのは確か。

審議に応じないなんていう野党だが、そういう自分たちだって審議に応じないところもあるんだから、それを言ったって説得力などありません。これでは暴力はいけないと言いながら暴力に訴えるのと同じです。野党は余計国民にソッポを向かれることをして情けないったらありゃしない。

theme : このままで、いいのか日本
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード