FC2ブログ

「EU離脱を延期します」と言ったけど

政財界から懸念ばかりが増えていることで、苦渋? の判断を取ったと思います。

引用

メイ英首相に強まる圧力=EU離脱延期要求相次ぐ

【ロンドン時事】英国の欧州連合(EU)からの離脱が約1カ月後に迫る中、メイ首相は26日、離脱の延期を初めて示唆した。

 閣僚らが公然と延期を要求し、産業界からも見えぬ先行きに悲鳴が上がるなど、強まる圧力に譲歩を迫られた格好だ。

 「何としてでも離脱を延期する必要がある」。首相の盟友として知られるラッド雇用・年金相を含む3人の閣僚は23日、英紙デーリー・メールへの連名の寄稿でこう首相に訴えた。同紙は26日にも別の閣僚らの同様の寄稿を掲載。閣内からの相次ぐ「反乱」に首相の政権基盤は大きくぐらついている。

 産業界も首相への圧力を強めた。経済に打撃を与える「合意なき離脱」の回避を求めてきた最大の経済団体、英産業連盟(CBI)は、「合意が得られないなら、延期が唯一の責任ある選択肢だ」と強調した。

 首相は「私は離脱を延期したくない」となおEUとの見直し協議に期待を寄せるが、外堀は埋まりつつある。26日の外国為替市場では、離脱延期の可能性が高まったとして、英通貨ポンドが急伸した。

 最終更新:2/27(水) 7:41 「時事ドットコム」より
EU(ヨーロッパ連合)からの離脱まで後1ヶ月に迫ったイギリス、そんな中でテリーザ・メイ首相は「離脱を延期します」と離脱延期を示唆したけど、イギリス政財界から懸念の声が高まり、そこから強まる圧力にメイ首相が譲歩した形でこうなったと思うが、改めて国内外から不安ばかりかけられているメイ首相、予定していた離脱日の延期は出来ればやりたくなかったってこと?

与野党内から不信感ばかり出るわ、産業界からは「合意なきブレグジットになればイギリス経済はガタガタだ」と不安の声が上がったけど、特に産業界、合意なきブレグジットを懸念して日本のホンダなどが工場を閉鎖・撤退する事態になったことから、合意なきブレグジットで外資がいなくなり、また関税が復活することで人やモノの出入りに悪影響が出てしまう。だからEUと合意がなければ延期したほうが正しいって主張でしょう。また町の経済を外資に依存していた自治体にすれば死活問題だし。

身内から造反者が出たり支持基盤がぐらつきつつあるメイ首相、離脱延期というより離脱❝撤回❞というちゃぶ台返しをしなければいけない状況になった気もしてなりません。とはいうけど、一転残留したところでEUからは離脱問題で散々振り回した代償を課せられることは間違いないです。正直離脱の是非を問う国民投票を実施したコト自体大間違いだったと今やイギリス国民の大半が気づいてます。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード