FC2ブログ

「なぜ虐待したのか」を報じない疑問

千葉県野田市で10歳の女児が両親(特に父親)から日常的な虐待を受けて死亡した事件は、児童相談所と学校の連携のまずさ、事なかれと責任転嫁という情けない姿勢も露呈したが、女児に日常的な虐待を繰り返した父親の人間像をニュースなどで見てると、外では真面目なのに家庭に入ると高圧的な態度に出て妻子に暴力を振るうなど典型的な「ジキルとハイド」っていうか、学校でいったら優等生を装って執拗ないじめなどを繰り返す生徒と同じで、精神障害もいいところなんじゃねェのかと思うんだよ。

児童相談所と学校の連携が全くなってなかったことで起こった事件、目黒の事件の原因とされる児童相談所同士の連携のまずさが引き起こしたのとは違うけど、どっちみち子供が危険にさらされているのに救いの手を差し伸べなかった行政の責任は免れないし、子どもの権利委員会から「日本は児童虐待に対する対策が不十分だ」と指摘される要因を作った責任だって免れないです。

父親の二面性や行政の連携の不備、さらに母親が暴力を止めずに放置した問題ばかりがクローズアップされているこの事件、テレビや新聞はこの手の話題は取り上げるけど、なぜこの父親が虐待に走ったのかって真相究明的なことが全く伝わってないんだよね。
なぜ虐待したのかを知ろうとせずに、行政のまずさばかり報じては児童相談所や学校、教育委員会に対するバッシングだけを煽ってるとしか言えないし、問題はそれだけじゃないだろとつくづく思います。これじゃまた同じ悲劇が繰り返される懸念だってある。

凶悪犯罪が起こった場合、ニュースや新聞は加害者の人間像を掘り出す報道もしてるのに、なぜこの事件の加害者であるこの父親の人間像をマスコミは報じないのか? そこは大きな問題だ。
例えば小中高の時どんな人間だったかを当時の同級生や担任の教員から聞くとか、なぜそれをやらないマスコミは正直なんなのか? 生い立ちから当事者の人物像を掘り出すのは当たり前のことなのにそれをやらないのはおかしい。
当時から優等生だったけど突然キレたり、自分より下と見なした人間には常に高圧的な態度で振る舞っていたという証言があれば「やっぱりな」「当時からこんな奴だったからこうなることは分かってたんだ」って思うけどね。また当時近所に住んでいた人から「親から暴力を受けることもあった」なんて証言が出れば余計「やっぱりな」だ。親から虐待を受けた人間が自分が親になってそれをやってしまうんだから、生い立ちなどを調べてそれを報じるのは正しいと思います。だったら目黒の事件の際の加害者だって生い立ちを洗いざらいマスコミは報じるべきだったが。
それを報じない理由として、加害者にもプライバシーがあるからって理由かも知れないが、そんなもん下らないプライバシー保護もいいところだ。凶悪犯罪者に人権を与えてどうすんだ。

そいつが犯罪を起こした動機として、なぜそいつは犯罪に手を染めたのか? その真相を伝えねばいけないのにマスコミはほとんどそれを報じないのって心理学的な見方を持ってないとしか思えないし、いわゆる「サイコパス」的な事件を起こす者はどういった傾向なのか、マスコミは事件が起こる背景も伝えなければいけません。
被害者はかわいそう、救いの手を差し伸べなかった周りは悪い、あの両親は人間性の欠片もないだけじゃ事件の根本的な真相解明にはつながらないです。加害者はなぜこんな事件を起こしたのか? 事件に至った真相を心理学的な見方で報じるのもマスコミの役割なんじゃないの? 心理学って点では専門家などに聞くのが一番だが。即ち、マスコミは犯罪心理学について学習したほうがいいと思うよ。

theme : テレビ・マスコミ・報道の問題
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード