FC2ブログ

下った判決は懲役12年、埼玉・朝霞中3女子生徒誘拐監禁事件その6

公判が中止になるなど一悶着あったこの事件、やっと終止符です・・・。

引用

女子中学生を2年監禁 寺内被告に懲役12年 東京高裁判決

 埼玉県朝霞市で2014年、当時中学1年だった少女を誘拐し約2年間自宅に監禁したとして未成年者誘拐などの罪に問われた寺内樺風被告(26)の控訴審判決で、東京高裁(若園敦雄裁判長)は20日、懲役9年とした1審判決を破棄し、懲役12年を言い渡した。

 控訴審で、弁護側は完全責任能力を認めた1審判決は誤りで、量刑が重過ぎると主張。1審で懲役15年を求刑していた検察側は「犯行の悪質性を正しく評価しておらず、軽過ぎる」としていた。

 最終更新:2/20(水) 14:51 「毎日新聞」より
法廷で奇声を挙げたり、意味不明な態度を取ったり、反省の態度以前のふざけた言動を繰り返したせいで公判が中止となって判決が先送りするという前代未聞の事態となった埼玉県朝霞市で当時中学1年製の女子生徒を誘拐・監禁した被告の裁判だけど、東京高裁で20日に行われた控訴審判決でこの被告に対して懲役12年を言い渡したようです。

やっとと言うか、この事件も終りを迎えたと思うけど、一人の少女を誘拐・監禁しておいて法廷で意味不明な言動を繰り返すなど世論をえらくバカにしたようなこの態度、それでいて懲役12年というのもどっか甘い気がしてなりません。1審で懲役15年を訴えていた検察側が「犯行の悪質性を正しく評価しておらず、軽過ぎる」と不服感を訴えるのも無理はないです。その1審では懲役9年の判決だから、なお更納得も行かない。

裁判を延期にするなど有耶無耶な状況にしたその行為も決して軽からず、法廷で反省の色すら見せなかった姿勢は極めて悪質で酌量の余地はないし、正直言ってこいつには更生の可能性はほぼないでしょう。精神的におかしいことはこれまでの裁判で取った言動を見れば分かることで。
それで懲役12年は甘い!! 出所したらまた同じことをやらかしかねない、こういう輩にはGPSを取り付けて一生監視対象にしなければなりません。

少女を誘拐・監禁して精神的に相当な傷をつけたその所業もさることながら、法廷で意味不明な態度を取って被害者およびその家族、そして世論をバカにしたようなこれらの所業、許さん!!

関連記事としてこちらも見て下さいませ。→ その5

theme : 刑事事件・裁判関連ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード