FC2ブログ

ユキヒョウの話

富士山に匹敵する高地に生息していることから、極めて生で野生のを見るのが難しい動物の話を一つ。

引用

祁連山でユキヒョウが撮影される

【2月7日 CNS】中国・青海省(Qinghai)と甘粛省(Gansu)にまたがる祁連(Qilian)山脈で1月27日午前8時20分、ユキヒョウが姿を現し、海抜3500メートル地点でその姿を撮影した。

 ユキヒョウは国家一級保護野生動物で、国際自然保護連合が絶滅危惧種にも指定している。世界全体の頭数の4割、約2000~3000頭が中国に生息し、海抜が最も高い場所に生息する肉食動物で、六大猛獣の一種といわれている。

 通常の生息域は海抜2500~5000メートル、主にチベット高原(Tibetan Plateau)とパミール高原(Pamir Mountains)に分布する。

 「国際ニュース 『AFPニュース』」より
主に中央アジア、中国西部、ネパール、インド北部、モンゴルなどに生息し、高山地帯を中心に生息しているユキヒョウ、高山地帯を中心に生息している為なかなかその生態を見たり知ったりすることがなく「幻の動物」の一つに数えられますが、そんな中中国の青海省と甘粛省にまたがる山でユキヒョウ姿を表し、その様子をカメラが捉えたといいますから、レアな映像と言っていいかも知れません。チベットにおいてその遠吠えが雪男の声と勘違いしたという逸話もあるくらいだが。

中国において国家一級保護野生動物に指定されており(全世界の約4割が中国にいる)、またワシントン条約において絶滅危惧種に指定されてることから、今回その様子が撮影されたことは貴重な発見に見えますし、テレビの動物番組においてユキヒョウは幻の動物だというイメージもあったからねェ・・・。

テレビの動物番組において人を寄せ付けぬ険しい山を駆け抜ける映像は、厳しい環境の中で生きるユキヒョウの姿を発信するものだし、こういう厳しい場所で生きる野生動物の様子を見ることはイイことですからね。
人がなかなか入れない場所に生息していることでその生態の様子を見ることが少ない動物の話は、その動物を知る為には打って付けだとは思います。

theme : 動物・植物 - 生き物のニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード