FC2ブログ

「マイナス賃金」を認めたが

毎月の勤労統計の不正調査が発覚したことで、一気にアベノミクスのメッキが剥がれた感がします。

引用

政権、釈明に追われる=「マイナス賃金」、野党攻勢-衆院予算委

 5日の衆院予算委員会は厚生労働省による毎月勤労統計の不正調査問題が焦点となり、根本匠厚労相は2018年の実質賃金の伸び率がマイナスだったとの野党の指摘を事実上認めた。

 不正調査を「アベノミクス偽装」と攻撃してきた野党は勢いづき、安倍晋三首相らは釈明に追われた。

 立憲民主党の西村智奈美氏は、独自試算を元に18年1~11月の実質賃金の平均がマイナスだったと追及。根本氏は「名目(賃金)を機械的に消費者物価で割り出すことで出された前提の限りでは、西村氏が言った通りだ」と語った。

 野党の試算は、17、18両年のいずれでも調査した「共通事業所」に限って比較した参考値。総務省の統計委員会は、賃金変化率を求める場合は、共通事業所を重視すべきだとの見解を示している。

 野党は、厚労相発言によって「偽装」との主張が追い風を受けたとみて攻勢に出た。西村氏は、首相らがリーマン・ショック級の出来事がない限り消費税率を10%に引き上げると繰り返していることを念頭に「これで税率を上げられるのか」と揺さぶった。国民民主党の山井和則氏は「誤った情報を国民、世界にまき散らした」と断じた。

 根本氏は参考値について「サンプル数も少ないし、振れ幅が大きい」として専門家の検証が必要だと説明。首相は「総雇用者所得では名目でも実質でもプラスになっている」と強調、景気判断には影響しないと訴えた。

 野党側は、麻生太郎副総理兼財務相が15年10月の経済財政諮問会議で、勤労統計の調査手法の変更を求めたことにも矛先を向けた。国民民主の玉木雄一郎代表は「いじれる統計は全部いじろうと(した)。アベノミクス偽装の種がそこで植えられた」と糾弾した。

 麻生氏は「謀略を用いたかのごとく話しているが、全く意図はない」と反論。首相も「恣意(しい)的にやろうとしても、莫大(ばくだい)な数の人が統計に関わるのだからできるわけない」と語ったが、統計不正問題に沈静化の兆しは見えない。基幹統計の信頼が損なわれた異例の事態に、与党内からも「国際的にみてもかなりまずい」(公明党若手)との声が漏れた。

 最終更新:2/6(水) 8:12 「時事ドットコム」より
5日の衆議院予算委員会にて、厚生労働省による毎月の勤労統計の不正調査があり、2018年度の実質賃金の伸び率がマイナスだったことを根本匠厚生労働相は認めたけど、賃金伸び率がマイナスだったことを「臭いものに蓋」でごまかしたことを認めたことになるが、これで野党がまた政権批判に転じそうで、国会がまた空転しかねないです。

基幹統計の信頼を損ねる大ごとだけに、与党内から「国際的にみてもかなりまずい」なんて指摘も出てるが、財政赤字をごまかしたことで後になってユーロ危機を招いたギリシャのようなことをしたって見解ですかね?

結局厚生労働省はアベノミクスの成果っていうか正当性を強調する為に不正に加担したとしか見えないが、消えた年金問題の教訓が全然生かされてないというか、自浄能力のなさは相変わらずだということを世間に発信するようなものだけど、さんざんアベノミクスを強調してきた安倍晋三総理、釈明は免れないと思います。
ただこれでまた国会がが空転するリスクがあるけど、この問題の追及ばかりに時間を費やして本来決めなければいけないことが疎かになれば正直「いい加減にしろ!!」って世論はまた怒るでしょうね。再び疑惑を提供した安倍政権、そんな状況で消費税率の引き上げではかえって印象を悪くしかねないです。

theme : このままで、いいのか日本
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード