FC2ブログ

「IWCから出てって商業捕鯨再開だ!!」

機能不全に等しいあの組織にいるコト自体もうバカバカしい!! って堪忍袋の緒を切ったんでしょうかねェ・・・!?

引用

政府、商業捕鯨再開へ=30年ぶり、IWC脱退方針―来月1日までに通知

 政府は20日、クジラの資源管理について話し合う国際捕鯨委員会(IWC)を脱退し、IWCが禁じる商業捕鯨を約30年ぶりに再開する方針を固めた。

 関係筋が明らかにした。反捕鯨国からの非難も予想されるが、クジラを食べる食文化や適切な漁獲量の捕鯨は正当との主張のもと、出口が見えない議論に見切りをつける。日本の国際機関脱退は極めて異例。来週発表する。

 来年1月1日までにIWC事務局に脱退を通知する。2年に1度開催されるIWC総会での議決権を失うが、生息数などを調べる科学委員会にはオブザーバーとして引き続き参加する方針だ。

 日本は現在、資源調査の目的で南極海と北西太平洋でミンククジラなどを年間約630頭捕獲しているが、IWC脱退により南極海での捕鯨は国際条約上できなくなる。来年にも再開する商業捕鯨は、日本近海を含む北西太平洋でのみ実施することになりそうだ。

 日本は1951年、IWCに加盟。IWCが資源枯渇を理由に商業捕鯨の「一時停止(モラトリアム)」を決めたことを受け、88年4月に商業捕鯨を中断した。一方で、87年からは科学的データの収集のため、IWCが認める調査捕鯨を行っている。

 今年9月、ブラジル・フロリアノポリスで開かれたIWC総会で、日本は商業捕鯨再開を目指した提案を行ったが、欧米などの反対多数で否決された。直後に日本政府は「あらゆる選択肢を精査する」と表明、IWC脱退を示唆していた。

 商業捕鯨は現在、アイスランドとノルウェーが実施。また、カナダは非加盟国だが、科学委員会には参加している。

 最終更新:12/20(木) 12:46 「時事ドットコム」より
IWC(国際捕鯨委員会)を脱退して1988年を最後にやらなかった商業捕鯨の再開を明言した日本政府、これには長年捕鯨推進国と反捕鯨国の平行線状態が続くIWCへの反発から脱退をちらつかせたと思うけど、本気で怒りを示したってのは見方によっては日本だって怒る時は怒るんだってイメージに取れます。だったら韓国に対してもやれよ。

コトの発端は今年9月にブラジルで行われたIWC総会にて、商業捕鯨再開を訴えたところ反捕鯨国が一方的に反対して否決され、我慢の限界を迎えたってことです。

現在の日本の捕鯨事情は資源調査目的で南極海や北西太平洋でミンククジラを約630頭獲ってるけど、IWCから出てくことで南極海での捕鯨は出来ないことは確実だが、北西太平洋だけで充分な調査は出来るんでしょうかね・・・?

日本のクジラ文化をこれ以上廃れさせない為にも、いい決断をしたと思うし、クジラ資源を話し合う場であるはずのIWCが反捕鯨の象徴となってる以上、アメリカやオーストラリアの独善的なプロパガンダの大罪は大きいわな。クジラは頭のいい動物だから殺すな食べるななんて独善的で種差別に等しい下らん屁理屈。そのアメリカは温暖化対策に消極的な態度なもんだから、そんな国が環境保護だ動物愛護だなんて訴えたって説得力などないに等しい。

theme : 捕鯨・反捕鯨問題
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード