FC2ブログ

金本監督「ケジメ」の辞任

17年ぶりの最下位に沈んだんじゃ仕方ない部分はあれども、一人でその責任を負ってる感じです。おそらく評価は「賛否両論」だと思う。

引用

阪神・金本監督が今季限りで辞任 17年ぶり最下位…謝罪翌日に突然決断

 阪神の金本知憲監督(50)が今季限りで辞任することが11日決まった。就任3年目の今季は142試合を戦って61勝79敗2分けで01年以来の最下位に沈んでいた。

 10日の本拠地・甲子園での最終戦は勝利したものの、試合後のセレモニーでは「私の力足らずのため、こういう結果に終わってしまい、心より謝罪とおわびを申し上げます」とファンに向けて謝罪していた。

 金本監督は2016年から指揮。1年目は4位、昨季は2位でクライマックスシリーズ進出を果たしたが、ファーストステージでDeNAに敗れた。

 [ 2018年10月11日 11:29「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
先日のDeNA戦に勝利して今季の本拠地最終戦を白星で飾った阪神、試合後のセレモニーで「私の力足らずのため、こういう結果に終わってしまい、心より謝罪とおわびを申し上げます」とファンに謝罪した金本知憲監督、来シーズンに雪辱を期すとして当初続投する気満々だったけど、翌11日になって突然今季限りで辞任することを表明したようです。

今季新たに3年契約を結んだことで来季をやるのかと思いきや、突然の辞任は金本監督なりの「ケジメ」に見て取れます。
1年目は4位、2年目は2位になるもクライマックスシリーズでDeNAに敗れ、今シーズンはその雪辱の意味も込めて臨んだものの、まさか、まさかの最下位に沈むと言うファンを大いに裏切る結果となったことで、自分の采配力が至らなかったから辞めて責任を取ると言うことですか? 金本監督だけに責任はあるとは思えない。コーチとして無能ぶりを露呈した片岡篤史・香田勲男・平野恵一・中村豊もそうだし、金本政権を後押ししたフロントもまたしかりで、責任を取るのは金本監督一人じゃないってことだ。

監督として全く結果を残せなかった金本監督だが、評価すべきところは若手を積極的に起用してチームに活力を与えたことでしょう。これまで2軍でくすぶっていた北條史也や中谷将大、陽川尚将、原口文仁、在職中に獲得した小野泰己や糸原健斗、大山悠輔、高山俊などの台頭はこれからのチームを担うことになるだろうし。
ただ積極的に起用したものの、結果を出せない者にはすぐ外すという中長期的な見方を持てない部分もあり、また精神論や根性論を振りかざしたこともチームの士気に悪影響をもたらしたことは否めない。鈴木啓示氏のように自分の現役時代と同じ理論を押しつけて失敗した監督と言うイメージも持たれるでしょう。

金本監督辞任に伴い新監督選びに入るつもりだが、その前に今シーズンの検証と反省をしなければまた同じことを繰り返すし、何より中長期的なビジョンをフロントも現場も持たねば変わりません。いきなり新監督選びじゃ、サッカー・ドイツワールドカップで日本代表が惨敗した時に「オシムって言っちゃったか」なんて本末転倒なコメントをしたJFA(日本サッカー協会)の川淵三郎氏と同じです。フロントが自分たちの責任を棚上げしてすぐに次に行こうとするのはあり得ないことです。

指導者としての経験もなくいきなり監督を任されたから仕方ない部分もあれど、結果がすべての世界においてはそれは言い訳でしかない。
来年は金本監督に起用された若手が奮起して結果を残すことが何よりの収穫となればいい話。チームを低迷させた責任を取る形での辞任は当然だが、とにかくお疲れ様でした。金本監督。

theme : 阪神タイガース
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード