FC2ブログ

元横綱・輪島が死去

貴乃花親方の引退騒動で大いに揺れている角界ですが、また一人伝説の横綱が天国へと旅立ちました・・・。
全盛期を見たことはないけど、バラエティ番組でとんねるずにイジられてた記憶があるんだけどね。

引用

元横綱輪島大士さんが死去 70歳、「黄金の左」

大相撲の第54代横綱輪島で、北の湖とともに輪湖時代を築いた輪島大士氏(本名・輪島博)が死去したことが9日、分かった。70歳だった。

1948年(昭23)1月11日、石川県七尾市生まれ。日大3、4年時は連続学生横綱。花籠部屋に入門し、70年初場所幕下付け出し(60枚目格)で初土俵。73年名古屋場所で横綱に昇進。

「黄金の左」を武器に優勝14回。ライバル北の湖と輪湖(りんこ)時代を築いた。81年に引退し、花籠部屋を継承。しかし、85年に花籠名跡を担保に借金したことで日本相撲協会を離れた。

86年に全日本プロレス入門。88年の引退後は学生援護会アメリカンフットボール部の総監督、タレントなどでも活躍した。

13年12月に咽頭がんの手術を受けたが、翌14年には高田川部屋へ、二所ノ関一門の連合稽古を見学に訪れ、筆談に応じるなど元気な姿をみせていた。

第55代横綱で、日本相撲協会の理事長を務めた北の湖敏満氏は15年11月に亡くなっている。

[2018年10月9日13時33分「nikkansports.com」]より
「黄金の左」(山中慎介ではないが)を武器に優勝14回を記録した大横綱・輪島大士が亡くなったっていうけど、一時期は横綱・北の湖や大関・貴ノ花(初代)と並んで角界人気を牽引した第一人者の訃報には残念でなりません。ましてやこの3人がもう存命じゃないって思うと往年の相撲ファンからすれば一時代が完全に終わったと思うね。
「輪湖時代」と呼ばれたのも今や遠い記憶。

輪島と言えば横綱として名声を誇ったが、常に型破りな面があったところも有名です。
髪にパーマを当てたり、ランニングをトレーニングに取り入れるなど、これまでの力士とは一線を画すキャラクターだったっていうからねェ・・・。プロ野球で言えば新庄剛志のようなもんかね?
ただ私生活がド派手だった影響で、後年金銭問題が浮上して年寄株を担保に出したことで角界から「除名」されたように、型破りも度が過ぎれば悪い結果を及ぼすってことです。横山やすしが度重なる奇行のせいで吉本興業を解雇されたように。
引退後プロレスラーに転向(ジャイアント馬場のツテによる)して世間をアッと言わせたし・・・。

プロレス引退後はとんねるずに見出されて天然ボケキャラが開花したことで、全盛期を知らない世代にも認知されたことも記憶に新しい。好きな魚はと聞かれて「マグロ!」って即答するシーンは笑いを誘ったし、当時それを見てた私も笑ってましたから。

最近では咽頭がんの影響もあり公の場に姿を見せることはなかったが、70歳での死去は早い気がしてなりません。それにしても角界関係者は突然の急逝が目立ちますね・・・。
ご冥福を祈るしかないです。

theme : 訃報
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード